信長と家臣団の城 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年03月27日
商品形態:
電子書籍

信長と家臣団の城

  • 著者 中井均
発売日:
2020年03月27日
商品形態:
電子書籍

居城と攻城戦の陣城から読み解く“信長の城”分析の決定版。

織豊系城郭にはそれまでの城にはない特徴がある。居城における石垣、瓦、礎石建物という三つの要素だ。そして、攻城戦においても、包囲戦という戦略で、敵の城の周囲に陣城と呼ばれる小規模ではあるが縄張り構造が極めてテクニカルな城を築き、周囲を封鎖する戦法を用いた。縄張り研究、考古学、文献史学をもとに、織豊政権の居城と陣城の分析の研究をライフワークとしてきた著者の集大成となる一冊。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「信長と家臣団の城」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 石垣・瓦・礎石建物を特徴とした織豊系城郭について、近年の調査事例(小牧山城・岐阜城・兵庫城など)を紹介しながら、戦時の「陣城」も含めて総括した内容。「石垣」と「石積み」の違いや、石垣基底部の「胴木」設 石垣・瓦・礎石建物を特徴とした織豊系城郭について、近年の調査事例(小牧山城・岐阜城・兵庫城など)を紹介しながら、戦時の「陣城」も含めて総括した内容。「石垣」と「石積み」の違いや、石垣基底部の「胴木」設置工法などを通して、織田信長の築城技術に歴史的・社会的文脈を与えていく作業は、実に考古学的だなと思います。一方で、文献史学から「中世人」として再評価が進む信長像について、城郭研究の立場からの検討もテーマとして打ち出されますが、それは正直よくまとまらず。個別事例の細かな新知見を拾い読みという感じかなと。 …続きを読む
    chang_ume
    2020年04月14日
    11人がナイス!しています
  • 中井氏が織豊系城郭の特質を「瓦・石垣・礎石建物」の3要素にあると提唱したのが、1990年。それから30年が経過し、その後の研究動向を含め、一般書の形で著者の研究成果を上梓したのが本書である。信長の築城 中井氏が織豊系城郭の特質を「瓦・石垣・礎石建物」の3要素にあると提唱したのが、1990年。それから30年が経過し、その後の研究動向を含め、一般書の形で著者の研究成果を上梓したのが本書である。信長の築城スタンスを「山を降り」ることがなかったと、その保守性を指摘しながらも、信長居城に「高石垣、金箔瓦、天守」(p210)といった革新性があったことを強調。また、将軍義昭の武家御城、光秀の坂本城、秀吉の長浜城、細川藤孝の勝龍寺城といった家臣等の城郭についての位置づけや信長段階の陣城についても多くの頁が割かれている。 …続きを読む
    うしうし
    2020年05月06日
    6人がナイス!しています
  • 陣城まで取り上げたのはよい 陣城まで取り上げたのはよい
    onepei
    2020年05月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品