雪の女王 アンデルセン童話集

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041086209

雪の女王 アンデルセン童話集

  • 著者 アンデルセン
  • 訳者 山室 静
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041086209

純真な愛が心を溶かす。哀しくも美しい名作集。

悪魔の鏡が砕け、世界中にとびちった。そのかけらの一つが目に入り、少年カイの心は氷のかたまりのようになっていく。いじわるになってしまったカイを、雪の降るある日、雪の女王が連れ去ってしまう。少女ゲルダはカイをさがし、日の光やカラス、鳩、魔法使いや山賊の娘、トナカイらに助けられながらお城へ向かうが……。表題作ほか、「みにくいアヒルの子」「モミの木」「赤い靴」「マッチ売りの少女」など、中期代表作10話を収録。

[もくじ]
みにくいアヒルの子
モミの木
雪の女王――七つのお話からできている物語
赤い靴
マッチ売りの少女

影ぼうし
水のしずく
幸福な一家
ある母親の物語

解説  訳者


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雪の女王 アンデルセン童話集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アンデルセンの童話集は子供の頃に読んでいた。うろ覚えだし今読んでみたらどうなんだろうと思って購入。子供の頃に読んでいたのとは少し違っていたかも。『赤い靴も』少し怖い内容だった。 アンデルセンの童話集は子供の頃に読んでいた。うろ覚えだし今読んでみたらどうなんだろうと思って購入。子供の頃に読んでいたのとは少し違っていたかも。『赤い靴も』少し怖い内容だった。
    Kana
    2019年10月21日
    13人がナイス!しています
  • 1P16行。個人的に今一度「マッチ売りの少女」をしっかり読みたくて、文庫を探していた。そうしたら書店の平台にアンデルセン童話の文庫があった。名作復刊とのことだ。すばらしい本だから復刊されるのだろう。訳 1P16行。個人的に今一度「マッチ売りの少女」をしっかり読みたくて、文庫を探していた。そうしたら書店の平台にアンデルセン童話の文庫があった。名作復刊とのことだ。すばらしい本だから復刊されるのだろう。訳者は山室静で、ムーミンの書籍でよく目にする。10の収録童話を読むと、人物が死んだり死神が出てきたり、イメージと違う悲しい感じの結末の物語が多かった。「みにくいアヒルの子」もあった。いずれも子どもの頃の記憶とのディティールが違っていた。子どもの頃、たくさん童話を読んでいたら、どうだったかなあと思ったりした。 …続きを読む
    CEJZ_
    2019年10月20日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品