雪の女王 アンデルセン童話集 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

雪の女王 アンデルセン童話集

  • 著者 アンデルセン
  • 訳者 山室 静
発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

純真な愛が心を溶かす。哀しくも美しい名作集。

悪魔の鏡が砕け、世界中にとびちった。そのかけらの一つが目に入り、少年カイの心は氷のかたまりのようになっていく。いじわるになってしまったカイを、雪の降るある日、雪の女王が連れ去ってしまう。少女ゲルダはカイをさがし、日の光やカラス、鳩、魔法使いや山賊の娘、トナカイらに助けられながらお城へ向かうが……。表題作ほか、「みにくいアヒルの子」「モミの木」「赤い靴」「マッチ売りの少女」など、中期代表作10話を収録。

[もくじ]
みにくいアヒルの子
モミの木
雪の女王――七つのお話からできている物語
赤い靴
マッチ売りの少女

影ぼうし
水のしずく
幸福な一家
ある母親の物語

解説  訳者


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雪の女王 アンデルセン童話集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「みにくいアヒルの子」「赤い靴」「雪の女王」どれも短くした話しか知らなかったなあ。風景や人物描写に現れるアンデルセンの豊かな観察力、表現力に引き込まれる。短いけれど「鐘」がこの中では一番好き(今はだけ 「みにくいアヒルの子」「赤い靴」「雪の女王」どれも短くした話しか知らなかったなあ。風景や人物描写に現れるアンデルセンの豊かな観察力、表現力に引き込まれる。短いけれど「鐘」がこの中では一番好き(今はだけど)。我が子をさらった死神を追っていく「ある母親の物語」も忘れ難い。表紙の絵もとても好み。 …続きを読む
    ちえ
    2019年12月28日
    45人がナイス!しています
  • アンデルセンの童話集は子供の頃に読んでいた。うろ覚えだし今読んでみたらどうなんだろうと思って購入。子供の頃に読んでいたのとは少し違っていたかも。『赤い靴も』少し怖い内容だった。 アンデルセンの童話集は子供の頃に読んでいた。うろ覚えだし今読んでみたらどうなんだろうと思って購入。子供の頃に読んでいたのとは少し違っていたかも。『赤い靴も』少し怖い内容だった。
    Kana
    2019年10月21日
    13人がナイス!しています
  • 全体的に幾らかの暗さがある。そこがアンデルセンらしいのかもしれないが、ちょっと辛気臭い。個人的にもっとも良かったのは『モミの木』。やはり暗い話だが、今の自分の幸福に人はなかなか目を向けることができない 全体的に幾らかの暗さがある。そこがアンデルセンらしいのかもしれないが、ちょっと辛気臭い。個人的にもっとも良かったのは『モミの木』。やはり暗い話だが、今の自分の幸福に人はなかなか目を向けることができないことを教えてくれる。『ある母親の物語』も忘れがたい。子を奪った死神を母は執念深く追うけど、さすがによその子を犠牲にすることはできず、最終的に祈るしか術はない。そこに救いではなく絶望を見た気がした。『雪の女王』は波乱万丈の物語。山賊の娘のキャラが良かった …続きを読む
    qwer0987
    2019年12月15日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品