戦国大名・伊勢宗瑞

戦国大名・伊勢宗瑞 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年08月26日
商品形態:
電子書籍

戦国大名・伊勢宗瑞

  • 著者 黒田 基樹
発売日:
2019年08月26日
商品形態:
電子書籍

北条氏研究の第一人者が描く初めての本格評伝!

「北条早雲」の名で知られる後北条氏の初代・伊勢宗瑞は、「戦国大名の魁け」「下剋上の典型」「大器晩成の典型」などと呼ばれてきた。しかし近年、新史料の発見により京都や東海、関東における政治状況についての解明が進展し、その人物像は大きく書き換えられた。北条氏研究の第一人者が、最新の研究成果をもとに、新しい政治権力となる「戦国大名」がいかにして構築されたのかを明らかにしつつ、伊勢宗瑞の全体像を描く初の本格評伝。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「戦国大名・伊勢宗瑞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本中世史の素人が読むにはかなり難しい。図書館の貸出期間では人名が把握しきれない。ただ京都にあった足利将軍家の権威によって保証された所領は、15世紀後半から己の才覚で切り取って治めることが一般化してい 日本中世史の素人が読むにはかなり難しい。図書館の貸出期間では人名が把握しきれない。ただ京都にあった足利将軍家の権威によって保証された所領は、15世紀後半から己の才覚で切り取って治めることが一般化していたことは理解できた。一般化とは守護大名から戦国大名にとってかわって領国を支配する時代への変化をさす。伊勢宗瑞は今で言うところの「北条早雲」のこと。「伊勢」と言う名前は幕府官僚時代からの名前で、その頃からの史料に基づいて本を書いているようなので本のタイトルは「伊勢宗瑞」の方が正確だと思う。 …続きを読む
    えちぜんや よーた
    2019年10月31日
    88人がナイス!しています
  • 伊勢宗瑞は本当に近年で色々変わった人物。北条早雲って呼ばれていた時代のマンガ日本の歴史とかで読んだ知識からはだいぶ変わってるので色々読むと面白いな(笑)この時代の関東の情勢は敵味方が入り乱れていて面白 伊勢宗瑞は本当に近年で色々変わった人物。北条早雲って呼ばれていた時代のマンガ日本の歴史とかで読んだ知識からはだいぶ変わってるので色々読むと面白いな(笑)この時代の関東の情勢は敵味方が入り乱れていて面白いな~。戦国時代の武将ほどメジャーではないけど割りと魅力的な人物も多くて良い。 …続きを読む
    ホームズ
    2019年10月30日
    12人がナイス!しています
  • 黒田先生の宗瑞本ってこの前も出たんじゃないと思ったら、あれは今川氏親とのコンビ本でした。相変わらず最新研究に即した手堅く刺激的な内容で、とくに宗瑞が関東戦国史に身を投じていく背景に重点を置いているのが 黒田先生の宗瑞本ってこの前も出たんじゃないと思ったら、あれは今川氏親とのコンビ本でした。相変わらず最新研究に即した手堅く刺激的な内容で、とくに宗瑞が関東戦国史に身を投じていく背景に重点を置いているのが印象的。姉の婚姻による今川家との固いつながりや、幕府を巻き込んでの両上杉の抗争により、「結果として」関東に地歩を固めていく様子が描かれている。それでも最後まで今川家臣としての自分を捨ててないあたりに、それ以降の北条家との違い(あるいはまだ伊勢家であること)が感じられる。あとがきにある2代・氏綱の評伝も期待。 …続きを読む
    MUNEKAZ
    2019年09月13日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品