小説 天気の子 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年07月18日
商品形態:
電子書籍

小説 天気の子

  • 著者 新海 誠
発売日:
2019年07月18日
商品形態:
電子書籍

全世界待望の新海誠監督最新作『天気の子』、監督みずから執筆した原作小説

高校1年の夏、帆高(ほだか)は離島から家出し、東京にやってきた。連日降り続ける雨の中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は不思議な能力を持つ少女・陽菜(ひな)に出会う。「ねぇ、今から晴れるよ」。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。長編アニメーション映画『天気の子』の、新海誠監督自身が執筆した原作小説。
(C)2019「天気の子」製作委員会


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説 天気の子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画未鑑賞で読む。視点がけっこう変わるので読みにくく感じた部分があるが、小説としての読み応えがちゃんとある作品。「君の名は。」と同様にボーイ・ミーツ・ガールを描いたお話ではあるものの、エッジはこちらの 映画未鑑賞で読む。視点がけっこう変わるので読みにくく感じた部分があるが、小説としての読み応えがちゃんとある作品。「君の名は。」と同様にボーイ・ミーツ・ガールを描いたお話ではあるものの、エッジはこちらの方が効いている。特に物語後半、主人公の少年が大人や現実に追い込まれていく展開は、かなり好みでバッドエンドすら予想した。読み終わって作品の着地点に少し驚きを感じるとともに、不思議な爽快感もある。ただ人を選ぶ要素も大いにあるようにも思った。何にせよ映像映えしそうな場面多々で、アニメ映画の方もやはり観たくなる。 …続きを読む
    海猫
    2019年07月23日
    222人がナイス!しています
  • 映画版鑑賞済み。あとがきで新海監督が書いた様に映画と小説では表現方法が異なるので、小説は小説で楽しめる。映画では語られなかった登場人物たちの感情が地の文で読むことができたり、より細かい描写を読むことが 映画版鑑賞済み。あとがきで新海監督が書いた様に映画と小説では表現方法が異なるので、小説は小説で楽しめる。映画では語られなかった登場人物たちの感情が地の文で読むことができたり、より細かい描写を読むことができたり。新海監督のあとがきとRADWIMPS・野田さんの解説も必見。映画を観た人は是非小説版も。 …続きを読む
    岡本
    2019年08月20日
    219人がナイス!しています
  • ひと夏のボーイ・ミーツ・ガール物語。世界を変えるというのは、こういうことか…。まさに新海誠の作品。過去作品を思い出してみると、「雲の向こう、約束の場所」を観たあとのような、そんな読後感でした。これが映 ひと夏のボーイ・ミーツ・ガール物語。世界を変えるというのは、こういうことか…。まさに新海誠の作品。過去作品を思い出してみると、「雲の向こう、約束の場所」を観たあとのような、そんな読後感でした。これが映像になるのか、観るのが楽しみ。 …続きを読む
    Yoshiki
    2019年07月19日
    150人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品