紅霞後宮物語 第十幕 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

紅霞後宮物語 第十幕

  • 著者 雪村花菜
  • イラスト 桐矢 隆
発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

新たな妃嬪登場! 彼女は小玉の敵となるのか――!?

後宮に新たな妃嬪を迎えることになった。しかし後宮入り直前に亡くなってしまった本人に代わり、入ってきたのは腹違いの妹・仙娥。小玉に対し率直に文林の渡りを希望する仙娥の出現で、後宮の思惑は入り乱れ――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紅霞後宮物語 第十幕」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 後れ馳せながら細々と読んで行ってます。前巻に続きほぼ後宮が舞台。宸国の武の頂点極めた小玉だけど、女同士が女の戦いをする後宮で巧みに戦えるとは限らない。梅花の後、女官達を取り仕切る麗丹には物足りなくて仕 後れ馳せながら細々と読んで行ってます。前巻に続きほぼ後宮が舞台。宸国の武の頂点極めた小玉だけど、女同士が女の戦いをする後宮で巧みに戦えるとは限らない。梅花の後、女官達を取り仕切る麗丹には物足りなくて仕方無い。清喜でなくとも、彼女が小玉に切れた所は「オイオイ」だが、これだけ率直に物申す下僚は得難いのでは。後宮に現れた新人、辺境や隣国でも油断ならぬ女達が、女の戦いに勝利すべく鋭い爪を研ぐ。一時退却強いられた小玉だが、彼女本来の土俵での活躍と同志達との連携により難局を乗り切ることを期待せずにはいられない。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2020年02月23日
    76人がナイス!しています
  • 再読。仙娥が入宮し、今までになかった方向性の争いの火蓋が切られた巻。仙娥は正論で間違いがなさ過ぎるからこそぐうの音も出ないし強敵。これは小玉、分が悪いわ!また麗丹の視点で語られることにより、皇后として 再読。仙娥が入宮し、今までになかった方向性の争いの火蓋が切られた巻。仙娥は正論で間違いがなさ過ぎるからこそぐうの音も出ないし強敵。これは小玉、分が悪いわ!また麗丹の視点で語られることにより、皇后としての小玉、皇帝としての文林を客観的に見る機会も得られ、なるほど…と思わされる。小玉と麗丹の言い合いシーン…の、清喜が癒し♡笑 この巻中で康・寛共に国の頂点関係がガラッと変わり、康にいる鳳も思いがけず中枢に関わって来たりして、宸内外の動きが激しい…さて、内容と流れをおさらいしたのでようやく新刊が読める!笑 …続きを読む
    あっか
    2020年07月10日
    66人がナイス!しています
  • 第2部2作目、物語が宸から寛や康にも泥沼関係が広がって、頭の中で整理するのが結構大変。笑 鳳と偶然(?)邂逅した寛の皇后や雅媛の企みや…あちこちの火種がどうなってゆくのかドキドキ。宸は宸で…!敵は正論 第2部2作目、物語が宸から寛や康にも泥沼関係が広がって、頭の中で整理するのが結構大変。笑 鳳と偶然(?)邂逅した寛の皇后や雅媛の企みや…あちこちの火種がどうなってゆくのかドキドキ。宸は宸で…!敵は正論で強敵だし、もう文林ー!!だし(泣)(狂言だと信じてる!)小玉は何だかなかなかうまいこと幸せになってくれないし、もう文林との子どもは期待してちゃダメかなあ…そういう意味で、話がどういう方向に行くのか分からない!泣 文林早く小玉を幸せにしてくれ。あ、でも清喜は最高ですし麗丹との丁々発止も大笑いさせて頂きました。 …続きを読む
    あっか
    2019年06月17日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品