ゴーストリイ・フォークロア 17世紀~20世紀初頭の英国怪異譚

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月07日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041083260

ゴーストリイ・フォークロア 17世紀~20世紀初頭の英国怪異譚

  • 著者 南條 竹則
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月07日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041083260

ひっそりと記録された知られざる幽霊譚を紹介する、唯一無比な一冊。

英国怪談の第一人者であり、古典に精通する著者が、英国・アイルランドの奇妙な物語を厳選して紹介。人の死を予言する屍蝋燭や音声妖怪、黒い犬の話、海の妖精。衒学的な怖さとユーモアに満ちた奇想天外な随筆集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゴーストリイ・フォークロア 17世紀~20世紀初頭の英国怪異譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大好きのツボに溢れている、装幀も素晴らしくておとっときな一冊になった。様々なイギリスの幽的民譚(と、その関連本)が紹介されていく中、うわっ…と思わず声が出たのはジェイムズ・ブランチ・キャベルの「コリン 大好きのツボに溢れている、装幀も素晴らしくておとっときな一冊になった。様々なイギリスの幽的民譚(と、その関連本)が紹介されていく中、うわっ…と思わず声が出たのはジェイムズ・ブランチ・キャベルの「コリンナについて」。『ジャーゲン』の作者の短篇が読めて、しかも登場人物がサー・トマス・ブラウンて、ててて…。他にも、尾崎翠「こおろぎ嬢」からフィオナ・マクラウドへの流れ、意外なところに『ヴァテック』の作者ウィリアム・ベックフォードの姿…などなどでこりゃ堪らん…と。バラッドを堪能出来たのも嬉しいし、語り口にも痺れた。 …続きを読む
    rinakko
    2020年02月04日
    11人がナイス!しています
  • 読了:◎ 「幽」連載の、英国怪談のフォークロアと文芸が混じりあった怪奇譚を紹介するエッセイ。英国幽霊話の翻訳で著名な著者らしく、バラッドと呼ばれる物語詩や民間伝承を元にした作品、実体験談等を軽妙な語り 読了:◎ 「幽」連載の、英国怪談のフォークロアと文芸が混じりあった怪奇譚を紹介するエッセイ。英国幽霊話の翻訳で著名な著者らしく、バラッドと呼ばれる物語詩や民間伝承を元にした作品、実体験談等を軽妙な語り口で紹介してくれる。ファム・ファタルに魔女、屍蝋燭、地獄に悪魔等の、怪談好きとしては一読の価値ありな一冊でした。 …続きを読む
    ハルト
    2020年02月20日
    10人がナイス!しています
  • 主としてイギリスの怪奇実話を集めた本。インクが紫色なのは珍しい。「我々は地獄を悪魔の故郷のように考えてしまいがちだが、そうではない。悪魔は堕天使なのであるから、故郷は天国だ」(p. 124)。言われて 主としてイギリスの怪奇実話を集めた本。インクが紫色なのは珍しい。「我々は地獄を悪魔の故郷のように考えてしまいがちだが、そうではない。悪魔は堕天使なのであるから、故郷は天国だ」(p. 124)。言われてみれば当然の指摘だ。『老水夫行』の「「行」は「薤露行」の「行」と同じで、中国の韻文の一ジャンルを意味する」(p. 321)。著者も「行く」の意味だと思っていたとのこと。ぼくもそう思い込んでいた。あとがきにあるドヴォルザークの『交響曲第7番』第3楽章にまつわるエピソードに笑ってしまった。 …続きを読む
    Susumu Kobayashi
    2020年03月12日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品