試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044004958

秘境旅行

  • 著者 芳賀 日出男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044004958

10年間2000日の旅!民俗写真家・芳賀日出男の貴重なフィールドノート

網走に住むオロッコ族の祭典、亡霊を迎え陶酔する西馬音内の夜、深山のロクロ師の生活、四国の最果ての石垣の村、老人が昔話を伝える南海の離島――ここに描かれるのは景勝的な秘境ではない。「ある日、ある時俄然群衆の中にエネルギーが燃え上ると一変する小世界がある……光景的秘境の地底には、そこに何かがあり普遍的な日本がひそんでいる」折口信夫と宮本常一を師にもつ民俗写真家が最盛期
の十年間に旅した二千日の記録。掲載写真150点超!

もくじ



【目次】
はじめに
口絵 南の果ての奄美群島

ノサップ〈すさまじき流氷、それは国境の岬の春のことぶれ〉―北海道―
網走〈日本国籍を持つ北アジア系のオロッコ族を訪ねて〉―北海道―
恐山〈白昼に死者を呼び出す? 不気味な巫女市の裏面〉―青森県―
西馬音内〈亡霊を迎えて三夜の陶酔、異様な真夏の夜の祭典〉―秋田県―
妻良〈誰でも行ける南伊豆の秘境、純朴な四季の風物詩〉―静岡県―
隠れ里の花祭〈年末から正月に神々を招待、徹夜で舞う神楽の里〉―愛知県北設楽郡―
舳倉島〈海女二千名が夏を過す孤島! 裸体の楽園で暮す〉―石川県―
木地屋の村めぐり〈深山に住み日本工芸の伝統を守るロクロ師の生活〉―福井県・石川県―
宇波西神事〈三方五湖をめぐって行われる神秘的な祭の全貌〉―福井県―
山の中の民俗博物館〈一校長の執念! 民具の蒐集品が国の宝となる!〉―広島県―
大東町〈生活派の観光地、日本一の養鶏町となった鍵は?〉―島根県―
外泊〈四国のさいはて、海賊根拠地? 奇妙な石垣の村〉―愛媛県―
壱岐〈島民の四分の一が集まる年に一回の春一を訪ねて〉―長崎県―
福江島〈新興宗教へ改宗した隠れキリシタンの生活を探る〉―長崎県五島列島―
甑島〈昔話を語り伝える老人たちが住む南東の離れ島!〉―鹿児島県―
沖永良部島〈夕映えの珊瑚礁の岬で、島民たちは飲んで唄う〉―鹿児島県―
久高島〈沖縄本島から離れた孤島に住む白衣の巫女と対面〉―沖縄県―

文庫版によせて 芳賀日向

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「秘境旅行」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊。民俗写真家による昭和35年頃の日本各地の風習や神事、祭りの記録。恐山のイタコに沖縄の巫女、石川県の海女さんの漁も興味深いが、限られた者による悪魔封じと悪魔祓いを経て行われる真夜中の神楽にワクワク 新刊。民俗写真家による昭和35年頃の日本各地の風習や神事、祭りの記録。恐山のイタコに沖縄の巫女、石川県の海女さんの漁も興味深いが、限られた者による悪魔封じと悪魔祓いを経て行われる真夜中の神楽にワクワク。印象的だったのは樺太から逃げるように網走に移り住んだ日本国籍を持つオロッコ族。差別を恐れひっそりと暮らし、人目につかないように祭りを行う様子が収められている。アザラシ狩りをして暮らしていた者が日本では働き口がなく、大半が結核で亡くなったそうでやるせない…。 …続きを読む
    ROOM 237
    2020年02月20日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品