不時着する流星たち 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

不時着する流星たち

  • 著者 小川 洋子
発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!

盲目の祖父は、家中を歩いて考えつく限りの点と点を結び、その間の距離を測っては僕に記録させた。足音と歩数のつぶやきが一つに溶け合い、音楽のようになって耳に届いてくる。それはどこか果てしもない遠くから響いてくるかのようなひたむきな響きがあった――グレン・グールドにインスパイアされた短篇をはじめ、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー、ローベルト・ヴァルザー等、かつて確かにこの世にあった人や事に端を発し、その記憶、手触り、痕跡を珠玉の物語に結晶化させた全十篇。硬質でフェティッシュな筆致で現実と虚構のあわいを描き、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不時着する流星たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 船に乗り込んだ貴方はまだ風が冷たいね、と身を竦ませた。今年は雪が降らなくて夜には花の匂いが混じる。こんな日にひとりでいくのは辛いでしょう、と空に散らばる星たちがせめての道連れ。あの夜から私はずっと不時 船に乗り込んだ貴方はまだ風が冷たいね、と身を竦ませた。今年は雪が降らなくて夜には花の匂いが混じる。こんな日にひとりでいくのは辛いでしょう、と空に散らばる星たちがせめての道連れ。あの夜から私はずっと不時着してる。 崩れてしまった煉瓦の図書棟、使わなくなった図書カードに少し土草の匂い。せめて白鳥だったなら向こう岸に渡れたのに。ひとりきりの夜は星がいやに明るくて、私は死を想像する。 …続きを読む
    ちなぽむ@罪と罰読みたい
    2020年02月23日
    162人がナイス!しています
  • 実在した人々や出来事を切り取って小説にした短編集。どこまでが伝記でどこまでもが創作なのかはっきりとはわからないが、実話が基になっているから予測と異なる結末だったりする。よくできている。【カドフェス 2 実在した人々や出来事を切り取って小説にした短編集。どこまでが伝記でどこまでもが創作なのかはっきりとはわからないが、実話が基になっているから予測と異なる結末だったりする。よくできている。【カドフェス 2019】 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2019年09月15日
    106人がナイス!しています
  • この作品は、前情報として、先に解説を読まないことと本の頭から読むというふたつの注意点があることを知っていただいたほうがいいです。素直に冒頭から読んでいただくと、鳥肌が立つ瞬間があると思います。 この作品は、前情報として、先に解説を読まないことと本の頭から読むというふたつの注意点があることを知っていただいたほうがいいです。素直に冒頭から読んでいただくと、鳥肌が立つ瞬間があると思います。
    佐島楓@執筆中
    2019年06月19日
    68人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品