不時着する流星たち

不時着する流星たち 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

不時着する流星たち

  • 著者 小川 洋子
発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!

盲目の祖父は、家中を歩いて考えつく限りの点と点を結び、その間の距離を測っては僕に記録させた。足音と歩数のつぶやきが一つに溶け合い、音楽のようになって耳に届いてくる。それはどこか果てしもない遠くから響いてくるかのようなひたむきな響きがあった――グレン・グールドにインスパイアされた短篇をはじめ、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー、ローベルト・ヴァルザー等、かつて確かにこの世にあった人や事に端を発し、その記憶、手触り、痕跡を珠玉の物語に結晶化させた全十篇。硬質でフェティッシュな筆致で現実と虚構のあわいを描き、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不時着する流星たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作品は、前情報として、先に解説を読まないことと本の頭から読むというふたつの注意点があることを知っていただいたほうがいいです。素直に冒頭から読んでいただくと、鳥肌が立つ瞬間があると思います。 この作品は、前情報として、先に解説を読まないことと本の頭から読むというふたつの注意点があることを知っていただいたほうがいいです。素直に冒頭から読んでいただくと、鳥肌が立つ瞬間があると思います。
    佐島楓@勉強中
    2019年06月19日
    67人がナイス!しています
  • 不時着する流星。何と詩的なタイトル。様々な人や物にインスパイアされた短編たち。時に予想を大きく外れる転結が待っている。まさに不時着だ。心は大人と互角の少女の内面を描く「誘拐の女王」は、これだけで一編の 不時着する流星。何と詩的なタイトル。様々な人や物にインスパイアされた短編たち。時に予想を大きく外れる転結が待っている。まさに不時着だ。心は大人と互角の少女の内面を描く「誘拐の女王」は、これだけで一編の大作だ。散歩、手紙、測量、日常の風景が物語と化す快感、シュールリアリズムな作品もあり実に痛快だ。長じた息子と母の物語「肉詰めピーマンとマットレス」、終幕の哀愁がひとしおだ。ひたすら美しい「若草クラブ」、サー叔父さんの話が愛情満点、時に優しく、時につき離したような視線。この愉楽を求めて小川洋子さんを読み続ける。 …続きを読む
    エドワード
    2019年07月02日
    32人がナイス!しています
  • 実在した人々のエピソードを昇華したお話が十話。どんな人の内面にだって暗く湿った秘められた部分が存在する。別に邪悪なわけではなく不道徳なわけでもなく、ただ光が当たらないというだけの部分。密やかに自分だけ 実在した人々のエピソードを昇華したお話が十話。どんな人の内面にだって暗く湿った秘められた部分が存在する。別に邪悪なわけではなく不道徳なわけでもなく、ただ光が当たらないというだけの部分。密やかに自分だけに抱かれている誰にも曝け出すことのない内側。決して人目に触れない筈のそこは、そこに隠してあるモノは、何て美しくて淫靡で魅力的なんだろう。見てはいけないモノを見てしまったときの動揺と高揚。収録されている全ての物語からそんなアンモラルなときめきが溢れている。 …続きを読む
    テツ
    2019年07月10日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品