角川文庫

不時着する流星たち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041082072
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

不時着する流星たち

  • 著者 小川 洋子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041082072

たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!

盲目の祖父は、家中を歩いて考えつく限りの点と点を結び、その間の距離を測っては僕に記録させた。足音と歩数のつぶやきが一つに溶け合い、音楽のようになって耳に届いてくる。それはどこか果てしもない遠くから響いてくるかのようなひたむきな響きがあった――グレン・グールドにインスパイアされた短篇をはじめ、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー、ローベルト・ヴァルザー等、かつて確かにこの世にあった人や事に端を発し、その記憶、手触り、痕跡を珠玉の物語に結晶化させた全十篇。硬質でフェティッシュな筆致で現実と虚構のあわいを描き、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。

もくじ

【小川洋子のまなざしがとらえた、世界のはしっこでそっと異彩を放つモチーフたち】 
●ヘンリー・ダーガ/ローベルト・ヴァルザー/パトリシア・ハイスミス/スタンレー・ミルグラムの放置手紙調査法
/グレン・グールド/ヴィヴィアン・マイヤー/バルセロナオリンピック・男子バレーボールアメリカ代表 
/エリザベス・テイラー/世界最長のホットドッグ/牧野富太郎   ……世界にまたたく流星たち有名無名の全十条

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不時着する流星たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作品は、前情報として、先に解説を読まないことと本の頭から読むというふたつの注意点があることを知っていただいたほうがいいです。素直に冒頭から読んでいただくと、鳥肌が立つ瞬間があると思います。 この作品は、前情報として、先に解説を読まないことと本の頭から読むというふたつの注意点があることを知っていただいたほうがいいです。素直に冒頭から読んでいただくと、鳥肌が立つ瞬間があると思います。
    佐島楓@勉強中
    2019年06月19日
    67人がナイス!しています
  • 静かな世界だけど不穏さが通奏低音として潜んでいる。破裂寸前の風船のような緊張感。相変わらず読み心地の良い文章。\若草クラブ\が1番よかった。 \空は晴れ渡っています。小石を1つ落とせば、どんな楽器にも 静かな世界だけど不穏さが通奏低音として潜んでいる。破裂寸前の風船のような緊張感。相変わらず読み心地の良い文章。\若草クラブ\が1番よかった。 \空は晴れ渡っています。小石を1つ落とせば、どんな楽器にも出せない澄んだ音が響いてきそうじゃありませんか\ …続きを読む
    パンチ
    2019年06月24日
    4人がナイス!しています
  • 文庫化したので再読。世界の片隅でひっそりと生きている人たちに思いを馳せ、幻想的で唯一無二の物語に昇華させる…。小川洋子の作品はいつも死と隣り合わせにあるけど、それが嫌じゃない。むしろ必然。 文庫化したので再読。世界の片隅でひっそりと生きている人たちに思いを馳せ、幻想的で唯一無二の物語に昇華させる…。小川洋子の作品はいつも死と隣り合わせにあるけど、それが嫌じゃない。むしろ必然。
    ジュンコ
    2019年06月27日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品