東京の幽霊事件 封印された裏歴史

東京の幽霊事件 封印された裏歴史 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月28日
商品形態:
電子書籍

東京の幽霊事件 封印された裏歴史

  • 著者 小池 壮彦
発売日:
2019年06月28日
商品形態:
電子書籍

事故や事件現場に現れる幽霊たち。消えゆく声を蒐集したルポルタージュ

谷中霊園にかつてあった五重塔焼失の原因は“放火心中”でなく、“殺人放火死体遺棄事件”だという噂。電車が通ると響く女の悲鳴と1962年の日暮里駅で八人の犠牲者を出した三河島事故との関係は? 池を埋めると家が滅ぶという神田お玉ケ池。日本人の意識の底流に潜む“お玉”とは。何度も追突事故が発生する中央線の“魔のカーブ”、事故多発の踏切……。川のそばの“出る”と噂の幽霊屋敷、繰り返される連続火災に“助けて、出られない!”という女性の悲鳴、水難者の霊といわれる“黒い人の幽霊”譚、戦時中の練兵場だった公園に現れる女の幽霊と被爆死の関係は?
かつて事件や事故のあった場所、恨みを残して亡くなった人の思い、いわくつきの場所を歩き、現代から過去へ思いを巡らす。土地の記憶に耳を傾け、地元の住人に話を聞き、過去の新聞や歴史資料を集め、写真を撮る。消えゆく声なき声を蒐集した、怪談ノンフィクション。東京十四カ所、番外編として神奈川、群馬県の3名所も収録。単行本用にあとがきも書き下ろし。怪談雑誌『幽』に連載された傑作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「東京の幽霊事件 封印された裏歴史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怪異は、言い伝えられているうちに、何が真相であったかが、どうかすると忘れられてしまう。徹底した調査によって、著者は話の原型に近づき、隠れた歴史を復元しようと試みる。科学的なネタばらしではないので、怖さ 怪異は、言い伝えられているうちに、何が真相であったかが、どうかすると忘れられてしまう。徹底した調査によって、著者は話の原型に近づき、隠れた歴史を復元しようと試みる。科学的なネタばらしではないので、怖さをそのまま維持しつつ読み終える。文章に学問的な嫌みがないので理解しやすく、メインの歴史には書かれていない、東京の過去を見た思いがする。造本もいい。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2019年08月29日
    65人がナイス!しています
  • いつも思うのだけど、小池さんは凄く調べる人だなぁ。幽霊の噂のある現場を事件から時代考証まできちんと調べている。正直、怖さは全く無いのだけど興味深く面白い。昭和初期から「不幸の手紙」のような物があったの いつも思うのだけど、小池さんは凄く調べる人だなぁ。幽霊の噂のある現場を事件から時代考証まできちんと調べている。正直、怖さは全く無いのだけど興味深く面白い。昭和初期から「不幸の手紙」のような物があったのかとビックリした。 …続きを読む
    さといも
    2019年07月06日
    22人がナイス!しています
  • 阿部定と2・26の昭和11年、三河島に渦巻く「赤飯怪談」が興味深い。岡本綺堂「廿九日の牡丹餅」にも描かれていた安政元年の騒動と非常に類似、7月という時期も一致する。“いま綺堂”のごとく、文献だけでなく 阿部定と2・26の昭和11年、三河島に渦巻く「赤飯怪談」が興味深い。岡本綺堂「廿九日の牡丹餅」にも描かれていた安政元年の騒動と非常に類似、7月という時期も一致する。“いま綺堂”のごとく、文献だけでなく古老聞き取りなどで怪談生まれる場の所縁や伝説と繋げる著者の面目躍如。また自身の体験「歌舞伎町」は傷痍軍人実録をラブホで撮るという行為自体のいかがわしさ含め記録されるべき稗史の白眉。バブル崩壊後暫く、奥崎謙三をAVに出す試みなど大戦経験当事者とアングラ文化が辛うじて結びつこうとしていたなと思い出した…不謹慎でも …続きを読む
    澤水月
    2019年07月16日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品