角川文庫

望み

息子は殺人犯か被害者か――。究極の一気読みミステリ。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041082096
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

望み

息子は殺人犯か被害者か――。究極の一気読みミステリ。

  • 著者 雫井 脩介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041082096

息子は殺人犯か被害者か――。究極の一気読みミステリ。

年頃の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず連絡が途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。逃走中の少年は二人だが、行方不明者は三人。息子は犯人か、それとも……。規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。揺れ動く父と母の思い――。心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「望み」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自分の息子を信じるか、変わってしまったんだと受け入れるか。息子を信じる、つまり被害者だと思うなら息子は死んでいるとしか思えない。息子は変わってしまった、つまり加害者だと思うなら息子は生きているけど、殺 自分の息子を信じるか、変わってしまったんだと受け入れるか。息子を信じる、つまり被害者だと思うなら息子は死んでいるとしか思えない。息子は変わってしまった、つまり加害者だと思うなら息子は生きているけど、殺人を犯したということになる。それらの事実のはざまで揺れ動く家族を丁寧に描いた作品だと思う。 …続きを読む
    坂城 弥生
    2019年05月11日
    37人がナイス!しています
  • ☆☆☆★読んでいてずっと息が詰まりそうになる読書でした。息子が家に帰って来なくなった、そんなときに殺人事件が起こる。果たして息子は加害者なのか、被害者なのかと言う話でした。ずっと夫と妻の目線から物語が ☆☆☆★読んでいてずっと息が詰まりそうになる読書でした。息子が家に帰って来なくなった、そんなときに殺人事件が起こる。果たして息子は加害者なのか、被害者なのかと言う話でした。ずっと夫と妻の目線から物語が描かれており、妻は加害者でもいいから生きていてくれさえすれば良いとの思いで、夫は仕事、生活の事を考えて被害者である事を願っている。どちらにしても辛い事には変わりがない。 …続きを読む
    ココ(coco)
    2019年05月10日
    32人がナイス!しています
  • 残忍で異常な少年犯罪。行方不明の息子は加害者なのか、それとも被害者なのか?殺人を犯していたとしても生きていて欲しいと願うか、例え殺されていたとしても犯人ではないと信じるか。どちらの「望み」も辛く苦しい 残忍で異常な少年犯罪。行方不明の息子は加害者なのか、それとも被害者なのか?殺人を犯していたとしても生きていて欲しいと願うか、例え殺されていたとしても犯人ではないと信じるか。どちらの「望み」も辛く苦しい。家族の揺れ動く心情が丁寧に描かれている。被害者家族も加害者家族も生きていかなくてはならない。どちらになっても不幸。むなしさが残るラストだった。 …続きを読む
    ごみごみ
    2019年05月11日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品