破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049125375

破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S

  • 著者 吹井 賢
  • イラスト カズキヨネ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049125375

応募総数4,843作品のNo.1に輝いた、第25回電撃小説大賞受賞作!

普通じゃない事件と捜査――あなたはこのトリックを、見抜けるか?

ある怪事件と同時に国家機密ファイルも消えた。唯一の手掛かりは、事件当夜、現場で目撃された一人の大学生・戻橋トウヤだけ――。
内閣情報調査室に極秘裏に設置された「特務捜査」部門、通称CIRO-S(サイロス)。「普通ではありえない事件」を扱うここに配属された新米捜査官・雙ヶ岡珠子は、目撃者トウヤの協力により、二人で事件とファイルの捜査にあたることに。
珠子の心配をよそに、命知らずなトウヤは、誰も予想しえないやり方で、次々と事件の核心に迫っていくが……。

「才能が光る。浮世離れしたキャラクター造形。意表を突く場面展開。僕たちの会社が制作した『SPEC』のように映像化もありえるか?」神康幸(映像プロデューサー/電撃小説大賞最終選考委員)、「僕たちは何かを賭けて生きている。読み終えた後、この物語にもっと賭けたくなりました」佐野徹夜(作家)――大推薦の声、続々! 応募総数4843作品から激賞、第25回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》に輝いた、注目のサスペンス・ミステリ誕生。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ギャンブルものかと思えば、異能バトルの要素もあって意表を突かれた。この2つの趣向が入っているとなればハードルの高いものを期待してしまう。もっとハラハラさせてほしくもあるが、期待値を上げすぎて考えるから ギャンブルものかと思えば、異能バトルの要素もあって意表を突かれた。この2つの趣向が入っているとなればハードルの高いものを期待してしまう。もっとハラハラさせてほしくもあるが、期待値を上げすぎて考えるからで、内容は十分に面白い。主人公・戻橋トウヤが飄々としていながら、突飛な言動行動をする壊れたようなキャラで引っ張られる。全編、駆け引きの場面が多く、展開が読めないので、ページを繰ってしまう。真面目に付き合わされる雙ヶ岡珠子とのコンビも可笑しい。本が短めなのもコンパクトなまとまりを感じる。次巻出るようなので期待。 …続きを読む
    海猫
    2019年10月21日
    71人がナイス!しています
  • 生と死のギリギリを彷徨っているような危険な匂いがした物語。強敵相手に自身の命を賭けるトウヤにはハラハラし、緊迫した空気が漂う物語の中でちらほらと見られたトウヤに翻弄される珠子にはなんだかほっこりした。 生と死のギリギリを彷徨っているような危険な匂いがした物語。強敵相手に自身の命を賭けるトウヤにはハラハラし、緊迫した空気が漂う物語の中でちらほらと見られたトウヤに翻弄される珠子にはなんだかほっこりした。物語の鍵となる「能力(ギフト)」と呼ばれる奇妙な力。敵の能力を攻略し、賭けを制していくトウヤには爽快感しか感じない。またトウヤの奇行に振り回されながら自らが望んでいた本当の「正義」について珠子が気付いていく過程も彼女の成長ぶりが感じられた良き要素かと。この作品の今後に私も賭けてみたいです。 …続きを読む
    ami*15
    2019年06月05日
    49人がナイス!しています
  • ある怪事件と同時に消えた国家機密ファイル。事件当夜現場で目撃された大学生・戻橋トウヤと「特務捜査」部門CIRO-Sに配属された新米捜査官・雙ヶ岡珠子が二人で協力して事件とファイルの捜査にあたるサスペン ある怪事件と同時に消えた国家機密ファイル。事件当夜現場で目撃された大学生・戻橋トウヤと「特務捜査」部門CIRO-Sに配属された新米捜査官・雙ヶ岡珠子が二人で協力して事件とファイルの捜査にあたるサスペンスミステリ。示唆される特殊能力の存在と、自らを賭けることを厭わない危ういトウヤの狂気、彼を放っておけず一緒に捜査する珠子。特殊能力を持つ相手に大胆な駆け引きで勝負を挑み続けるトウヤと、正義感の強い珠子がなかなかいい感じのコンビで、彼らが挑むヒリヒリするような勝負の先にあった意外な結末がまた印象的な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2019年06月21日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品