印象派の歴史 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784044004835

印象派の歴史 上

  • 著者 ジョン・リウォルド
  • 訳者 三浦 篤
  • 訳者 坂上 桂子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784044004835

モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ。新たな美を信じた無謀な若者たちの物語

19世紀パリ。美と絵画をめぐる伝統と権威に公然と反旗を翻した画家たちがいた。モネ、ルノワール、ピサロ、シスレー、ドガ、セザンヌ、モリゾ。光と色彩の新たな表現を信じた彼らは、やがて「印象主義」の名で呼ばれることとなる。偶然の出会い、友情、対立を超えて、グループ展の実現に奔走する若者たち。しかし第二帝政末期、戦火が忍び寄る――。世界的な第一人者が画家の証言や書簡、同時代資料を渉猟して描く、金字塔的通史。

もくじ

第1章 1855-1859年
 パリ万国博覧会、一八五五年/フランス美術の展望

第2章 1859-1861年
 モネとブーダン/マネとドガ/アカデミー・スイス/クールベのアトリエ

第3章 1862-1863年
 グレールの画塾/落選者のサロンと美術学校の再編

第4章 1864-1866年
 バルビゾンとその画家たち/新たなサロン/成功と失望

第5章 1866-1868年
 美術批評家としてのゾラ/二度目のパリ万国博覧会/グループ展の計画/モネのさらなる苦難

第6章 1869-1870年
 カフェ・ゲルボワ/日本の浮世絵版画/「ラ・グルヌイエール」

第7章 1870-1871年
 一八七〇年のサロン/普仏戦争と「コミューン」/ロンドンのモネとピサロ

第8章 1872-1873年
 戦後/オーヴェール=シュル=オワーズ/新たなる落選者展(一八七三年)

 原註
 文献目録(上)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品