印象派の歴史 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784044004842

印象派の歴史 下

  • 著者 ジョン・リウォルド
  • 訳者 三浦 篤
  • 訳者 坂上 桂子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784044004842

嘲笑と酷評はやがて称賛へ──世界を変えた展覧会が始まる!

1874年春、ついに第一回「印象派展」が幕を開けた。自然や都市への新たな眼差しを共有する若き画家たちが自らつくり上げるグループ展――それは事件だった。観衆の戸惑い、嘲笑、辛辣な批評の一方で、のちの近代美術史に刻まれる数々の名作が産声をあげていく。カフェでの激論、支援者の拡大、仲間の死、そしてゴッホ、ゴーガン、スーラら次世代への継承。全八回の印象派展を丹念に辿る通史の決定版。詳細な文献目録を収録。

もくじ

第9章 1873-1874年
 最初のグループ展(1874年)/「印象派」の言葉の起源

第10章 1874-1877年
 アルジャントゥイユ/カイユボットとショケ/競売とさらなる展覧会/外国での最初の反響/デュランティの小冊子『新しい絵画』

第11章 1877-1879年
 カフェ・ド・ラ・ヌーヴェル=アテーヌ/ルノワール、シスレー、モネとサロン/新鋭の美術批評家、ユイスマンス/深刻な不和

第12章 1880-1883年
 次の展覧会と意見の対立/マネの死

第13章 1883-1885年
 不満と不信/コペンハーゲンのゴーガン/ルドン/スーラとシニャック/独立協会(1884年)

第14章 1886年
 第八回最後の印象派展/デュラン=リュエルのアメリカでの最初の成功/ゴーガンとファン・ゴッホ

第15章 1886年以降

 訳者あとがき
 文庫版訳者あとがき
 印象派展参加者一覧
 原註
 文献目録(下)
 補足文献目録


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「印象派の歴史 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 時は19世紀後半、社会で評価されない彼らは遂に決起する。しかし、彼らのリーダーになるはずの男は彼らと一定の距離を保つなど早々に生みの苦しみを味わう。それでも世間の評価を勝ち取るのだが、それはリーダーの 時は19世紀後半、社会で評価されない彼らは遂に決起する。しかし、彼らのリーダーになるはずの男は彼らと一定の距離を保つなど早々に生みの苦しみを味わう。それでも世間の評価を勝ち取るのだが、それはリーダーのまさかの造反という彼らの志に新たな雲行きを与える。彼らの栄光の時期は思われている以上に短い。しかし、時を超え彼らは平成令和の日本で莫大な支持を得ている。一匹狼を貫くもの、最後まで忠義を通すものなど個性あふれる彼らの人間性もまた魅力の一つだろう。人は彼らをこう呼ぶ。しんせんぐ・・・違った「印象派」と。 …続きを読む
    みこ
    2019年11月21日
    17人がナイス!しています
  • 訳文が読みにくい。これが最大の欠点。これを我慢して読み進めると、印象派を構成する芸術家たち、マネ、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレー、ドガ、セザンヌらの生き様と芸術感が見えてくる。見た瞬間をとどめよう 訳文が読みにくい。これが最大の欠点。これを我慢して読み進めると、印象派を構成する芸術家たち、マネ、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレー、ドガ、セザンヌらの生き様と芸術感が見えてくる。見た瞬間をとどめようとするモネ、抜群のデッサン力で人の動きを再構成して群像画を描くドガ、対象を一旦解体して絵が求める構図に合わせて再構成するセザンヌ。それぞれがそれぞれの天才を発揮することで印象派が多彩になると同時に分裂して行く。彼らを必死につなぎ止めようとするピサロ。だがスーラを見いだし印象派展に幕を引いたのも彼だった。 …続きを読む
    汲平
    2019年11月04日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品