社会学の名著50冊が1冊でざっと学べる

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046042170

社会学の名著50冊が1冊でざっと学べる

  • 著者 岡本 裕一朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046042170

読むだけで「考え方」に差がつく。世の中の「今」を問うための教養、満載!

『自殺論』デュルケーム、『社会学的想像力』ミルズ、『メディア論』マクルーハンなど、世の偉大な社会学者たちが著した名著の数々。
書名を見れば、自ずと知的好奇心も湧いてくるが、それらは総じて難解で、読み通すのはなかなか難しい……。

そこで本書は、社会学分野で著名な作品の要点を、図版を豊富に使いながらできるだけわかりやすく整理し、
目まぐるしく変化する現代社会を生きる大人たちにとっての「世の中を見るための知恵」を提供しようという一冊。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1章 社会学って、どんな学問? ~「社会を考える学問」がわかる10冊
第2章 ネット社会で人間は幸せになれるか? ~「メディア・情報」を理解する10冊
第3章 保守とリベラルの対立は続く? ~「政治・権力」と「社会」の関係を紐解く10冊
第4章 「民主主義」はいちばん正しい制度か? ~「大衆社会」について読み解く10冊
第5章 最先端の社会学者たちは今、何を考えているのか? ~「現代の世界と日本」が見えてくる10冊

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品