オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き

オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年05月24日
商品形態:
電子書籍

オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き

  • 著者 堀川 アサコ
発売日:
2019年05月24日
商品形態:
電子書籍

昭和39年、秋。わたしの家にも「東京オリンピック」がやってきた!

戦争の記憶が薄れてきた昭和39年の秋。高度経済成長ただ中の日本で、国民の期待と関心を一身に集め東京オリンピックが始まろうとしていた。
東北の小さな地方都市で、西洋館に住み込みで働く料理上手のおトキ。彼女は戦後不遇な少女時代を送り、11歳で親戚から女衒に売られそうになったところを、この家の女主人に救われた。上品な女主人、奥様は世間知らずだが聞き上手、タロットカードの占いもするので、町内からいろいろな人々が相談にやってきた。
同じ町内に大家族で住む民子の家に、生まれて初めて見るカラーテレビが運び込まれ、家族みんなが興奮に沸き立っていた。「うちにもオリンピックがやってくるんだ!」
民子の同級生で、母がいないためにいつも汚い格好でひとりでいるるみ子。しかしなぜか、自分にだけは積極的に話しかけてきて、みんなの手前ばつ悪くうっとうしく感じる民子。ある日るみ子の祖父母が交通事故で亡くなってしまい、東京に引き取られることになる。見送る日、迎えにきた父親にるみ子から「ともだち」と紹介され、民子は思わず泣いてしまう。
そして、東京オリンピックが始まった。
どこの家庭でも、開会式を見るためにブラウン管の前に家族全員が集まる。
永遠に続くと思っていた平凡で平和な日々、でもいずれはすべて遠い記憶になってしまうのだ。

昭和の時代、日本中の家庭にあった笑いと切なさと涙。人々の記憶に刻まれたなつかしい時代の、なつかしい日々を描いた「朝ドラ」的物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東京オリンピックがあった年の東北の小さな街の物語。オリンピックに纏わる話は、あまりなかったような。西洋館に住む奥さまが一番謎めいていました。サクッと読了。 東京オリンピックがあった年の東北の小さな街の物語。オリンピックに纏わる話は、あまりなかったような。西洋館に住む奥さまが一番謎めいていました。サクッと読了。
    ぽろん
    2019年06月19日
    40人がナイス!しています
  • タイトル通りとは言いがたい難い。前の東京五輪直前の時代とは言え、青森が舞台。無論オリンピックそのものを遠くに見ているだけで何ら関係ない。猫・カラーテレビ・卵焼きにしても、作中登場するモノを並べただけ、 タイトル通りとは言いがたい難い。前の東京五輪直前の時代とは言え、青森が舞台。無論オリンピックそのものを遠くに見ているだけで何ら関係ない。猫・カラーテレビ・卵焼きにしても、作中登場するモノを並べただけ、それぞれがリンクすることもないし、重要な謎解きのヒントでもない。所謂「その当時は」ねって。当時の生活や登場人物たちの機微とか価値観とか。ロシア人?の謎多き奥様と女中おトキが面白い存在感を示すも、何か感銘を受けるわけもなく。終章の泥棒にも凝った背景もない。当時の小学女子はこんなにも東洋の魔女に熱狂していたのか。 …続きを読む
    NAOAMI
    2019年10月28日
    16人がナイス!しています
  • 堀川アサコは何冊か既読本もある作家だが、なんとなくそれらのイメージとは異なる感じのタイトルだったので買ってみた。舞台は、前回の東京オリンピックが開催された昭和39年の東北の小さな町。当時、小学3年生く 堀川アサコは何冊か既読本もある作家だが、なんとなくそれらのイメージとは異なる感じのタイトルだったので買ってみた。舞台は、前回の東京オリンピックが開催された昭和39年の東北の小さな町。当時、小学3年生くらいだったはずの私だが、さほどオリンピックにかかる鮮明な記憶は残っていない。少なくとも我が家のテレビはカラーではなかった、ような気はするのだが。津軽弁が満載。懐かしくてちょっとホロリとさせられる、素敵な連作短編集だった。 …続きを読む
    nemuro
    2019年11月09日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品