角川文庫

グアムの探偵 3

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041079591
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

グアムの探偵 3

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041079591

この探偵、世界レベル。意外過ぎる謎が満載の著者人気1位シリーズ第3弾!

◆著者人気1位シリーズ第3弾!
スカイダイビング中の2人の男が空中で溶けるように混ざり合い消失した! 事故か超常現象か?(「ワームホールへのタンデムジャンプ」)。リゾート地であると同時に米軍の戦略上の要衝でもあるグアムでは、観光客を狙った犯罪だけでなくスパイ事件をも発生する。日本では考えられない大規模かつ多様な犯罪にゲンゾー、デニス、レイの日系人3世代探偵が挑む! 結末が全く予想できない知的ミステリの傑作短編シリーズ第3弾! 著者人気1位シリーズ!(HPアンケートより)

◆ミステリとしての密度が高い
とにかく一つ一つの物語のミステリとしての密度が高い。五つの物語に共通しているのは緻密な伏線とその回収で、それがまぁ、実に見事! さらりと読んでいたエピソードが、物語の中では重要な鍵になっているのである。そのことが明らかになった時の、頭の中が!マークで満ちていく爽快感がたまらないし、思わずページを遡って読み返し、その伏線の周到さに舌を巻いてしまう。参りました、と言いたいくらいの鮮やかなのだ。
吉田伸子(書評家)(文庫解説より)

第一話 ワームホールへのタンデムジャンプ
第二話 メモリアル・ホスピタルの憂鬱
第三話 ラッテストーンは回らない
第四話 スプレッド・ウィズSNS
第五話 きっかけはフィエスタ・フードコート


メディアミックス情報

NEWS

「グアムの探偵 3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ1を読み2・3を図書館に予約したが、この3が先に来たが問題なく読めた。日本人観光客のスカイダイビング中の失踪、グアムで襲われた難病の日本人少女、日系の名誉教授の失踪事件、日本人観光客だけが巻き シリーズ1を読み2・3を図書館に予約したが、この3が先に来たが問題なく読めた。日本人観光客のスカイダイビング中の失踪、グアムで襲われた難病の日本人少女、日系の名誉教授の失踪事件、日本人観光客だけが巻き込まれたトラブル、大金持ちの老人達の失踪に巻き込まれた若い日本人女性と、今回もケンゾー、デニス、レイ三代のグアムの私立探偵が活躍する5編の短編集。一編あたりの60頁強と短く、相談を受けてからや事件が起きてから解決までも短時間で終わるものが多く、テンポよく読めるのがありがたい。今後紅一点として梨奈の活躍に期待。 …続きを読む
    hiro
    2019年05月04日
    82人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。短編5話収録 シリーズ3作目。短編5話収録
    enana
    2019年02月07日
    60人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。今回は『スカイダイビング中に人が消失どこへ消えたのか』『原因不明の病の少女が狙われる理由とは』『権威ある人物が行方不明その真相は』『日本人観光客が次々と軍人に脅される理由とは』『世間知 シリーズ3作目。今回は『スカイダイビング中に人が消失どこへ消えたのか』『原因不明の病の少女が狙われる理由とは』『権威ある人物が行方不明その真相は』『日本人観光客が次々と軍人に脅される理由とは』『世間知らずな女性がグアムに招かれある事件に巻き込まれ』といった5話。1~4話は予想だにしない結末、5話は次巻に向けて新しい種をまいたって感じの話でした。一番予想外の展開は1話目のスカイダイビングの話かな。次巻も楽しみです。それにしても何故表紙デザイン変えたんだろう…? …続きを読む
    Disneylove
    2019年02月01日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品