現代語訳 理趣経 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

真言宗の聖典が初心者でもわかる! 「教えの神髄」を正確に伝える。

真言宗の聖典が初心者でもわかる! 空海が秘匿し、最澄との仲違いの原因になったといわれる理趣経は、毎朝毎夕に、真言宗寺院で必ず読誦される。この経典が性の快楽を認めるのは、根源的な行為を肯定することで、煩悩を含めた人間存在そのものをまるごと肯定しようと試みたためである。難解の極みとされてきた原文を、わかりやすく現代語訳。教えの神髄を、大胆かつ平易に、現在の最新研究の成果をふまえて正確に伝える。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「現代語訳 理趣経」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真言宗で毎日読誦される理趣経。真言の教理には暗い事や立川流に関連しているという事で、読む前は多少色眼鏡があったものの、読んでみると普通の大乗の経典であった。密教というと護摩に代表されるように主に呪法と 真言宗で毎日読誦される理趣経。真言の教理には暗い事や立川流に関連しているという事で、読む前は多少色眼鏡があったものの、読んでみると普通の大乗の経典であった。密教というと護摩に代表されるように主に呪法という印象だったけど、これを読むとやはり大乗と地続きだったんだとわからされる。本書の内容は理趣経の要約と歴史的意義から始まり、邦訳、内容の解説と理趣経が分かりやすく解説されていて、初心者にはありがたい。顕教の徒としてはやはり曼荼羅はよくわからないけど。読むと何となく遠くにあった真言が近くなったような気がします。 …続きを読む
    HANA
    2019年05月14日
    57人がナイス!しています
  • 大般若波羅蜜多経、第五七八巻にあたるとか...。大日如来が次々と違う仏身へと変化し教えを説き、 ヒンドゥーの神々をも取り込んでいるとか...。これ位に解り易いのが最良。凄い数の如来、菩薩が登場する曼荼 大般若波羅蜜多経、第五七八巻にあたるとか...。大日如来が次々と違う仏身へと変化し教えを説き、 ヒンドゥーの神々をも取り込んでいるとか...。これ位に解り易いのが最良。凄い数の如来、菩薩が登場する曼荼羅の解説まで。 …続きを読む
    kiiseegen
    2019年05月15日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品