試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年12月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
228
ISBN:
9784047035171

空海と密教美術

  • 著者 正木 晃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年12月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
228
ISBN:
9784047035171

空海は「曼荼羅」で何を伝えたかったのか? 

〈目次〉
第一章 東寺の秘密
第二章 曼荼羅とは何か
第三章 密教仏の魅力
第四章 密教の儀礼と法具
第五章 現代に生きる空海の密教
第六章 空海の生涯と伝説
基本文献/主な参考文献
あとがき

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「空海と密教美術」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 曼荼羅入門とも呼ぶべき一冊。推測を交えた叙述も少なくないですが、説明は分かりやすく、また専門のチベット密教の知識を踏まえて世界史的な広がりのなかで語ってくれている点が面白いです。 曼荼羅入門とも呼ぶべき一冊。推測を交えた叙述も少なくないですが、説明は分かりやすく、また専門のチベット密教の知識を踏まえて世界史的な広がりのなかで語ってくれている点が面白いです。
    アメヲトコ
    2014年06月13日
    1人がナイス!しています
  • 空海の密教美術についての本。初期仏教の悟りの定義「無」であるが、密教は具体的な宇宙と私が同じであるという「梵我一如」とし、深遠な教えを視覚に託し大衆に受け入れやすいものに進化させました。だから仏教は当 空海の密教美術についての本。初期仏教の悟りの定義「無」であるが、密教は具体的な宇宙と私が同じであるという「梵我一如」とし、深遠な教えを視覚に託し大衆に受け入れやすいものに進化させました。だから仏教は当初表現について消極的だったが、密教では悟りを求めるため象徴として発展し、曼荼羅・如来・菩薩・明王・仏教法具等多岐に渡ることになり、現代の仏教美術品の八割を占めることになりました。このような密教美術から空海実像に迫るという考察を期待しましたが、新しい視点は「空海が神秘体験を追うため唐に渡った」ことのみ。【家】★ …続きを読む
    ハヤカワショボ夫
    2015年08月15日
    0人がナイス!しています
  • このSFのような世界観、どれだけの人がどれだけの時間をかけて作り上げたんだろう。 このSFのような世界観、どれだけの人がどれだけの時間をかけて作り上げたんだろう。
    onepei
    2013年02月22日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品