高倉健の身終い 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年01月09日
商品形態:
電子書籍

高倉健の身終い

  • 著者 谷 充代
発売日:
2019年01月09日
商品形態:
電子書籍

死に際しても黙して語らなかった。「一生涯高倉健」を貫いた「終」の美学。

1984年から2014年まで高倉健を取材し親交していた編集者が、「高倉健」が人生の終い方を探し求めた30年間に向き合った。白洲次郎の「葬式無用 戒名不用」、江利チエミとの死別、酒井大阿闍梨の「契り」。高倉健が数々の別れを経験しながら、自らの死に方を見つけていった姿を描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「高倉健の身終い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • エピソード満載で楽しめた。高倉健さんの出演している映画は映画館で見たいと熱望している。東宝が午前10時の映画祭を実施しているので、大スクリーンで「幸せの黄色いハンカチ」「飢餓海峡」を見ることができたの エピソード満載で楽しめた。高倉健さんの出演している映画は映画館で見たいと熱望している。東宝が午前10時の映画祭を実施しているので、大スクリーンで「幸せの黄色いハンカチ」「飢餓海峡」を見ることができたので、嬉しかった。「網走番外地」は数年前にDVDで購入したが、一度も見ていない。何故かテレビ画面で見る気がしなくて・・。高倉健さん、ロバート・デニーロ等のスーパースターは、その存在感をテレビ画面では納まりきれないオーラを感じたい。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を今月見る予定。今からワクワクする♪ …続きを読む
    シャコタンブルー
    2019年02月13日
    23人がナイス!しています
  • 高倉健の髪型を真似した事もある、憧れの俳優だった。映画で感じた高倉健のイメージが終生崩れなかった俳優だ。崩れないように高倉健は筋を通したのだろう。ファンの思いを大事にしたと思う。遺品もすべて灰としたら 高倉健の髪型を真似した事もある、憧れの俳優だった。映画で感じた高倉健のイメージが終生崩れなかった俳優だ。崩れないように高倉健は筋を通したのだろう。ファンの思いを大事にしたと思う。遺品もすべて灰としたらしい。徹底している。孤独でもあったが、江利ちえみ、母親、父親、をずっと大事にしたと書かれている。この本は暴露本ではなく、高倉健のイメージを崩さないように大事に語った本だ。期待しすぎてはだめ。映画での高倉健の姿をずっと脳みそに焼き付けておきたいと思いながら読了。もう一度映画観たくなった。😄 …続きを読む
    ぽんちゃん
    2019年04月25日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品