髪結百花

吉原を舞台に、女の人生模様を情感豊かに謳いあげる時代小説。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月14日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041075258
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

髪結百花

吉原を舞台に、女の人生模様を情感豊かに謳いあげる時代小説。

  • 著者 泉 ゆたか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月14日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041075258

吉原を舞台に、女の人生模様を情感豊かに謳いあげる時代小説。

ここまで優れた作品を上梓した作者を、ただただ絶賛したい――。(書評家・細谷正充)

吉原を舞台に、女の生き様を描いた人生賛歌。
遊女に夫を寝取られ離縁したばかりの梅は、生家に戻って髪結の母の手伝いを始める。
心の傷から、吉原で働く女たちと距離を置いていたが、当代一の美しさを誇る花魁の紀ノ川や、
寒村から売られてきた禿のタネと出会い、少しずつ生気を取り戻していった。
そんな中、紀ノ川の妊娠が発覚し――。
男と女の深い溝、母娘の複雑な関係、吉原で生きざるを得ない女たちのやるせなさ。
絶望の中でも逞しく生きていこうとする女たちを濃密に描く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「髪結百花」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 哀しみを奥に秘めて生き抜こうとする覚悟が、痛いがたくましい。髪結も花魁も、女性は腹が据わったら怖いもの無しなのだ。 哀しみを奥に秘めて生き抜こうとする覚悟が、痛いがたくましい。髪結も花魁も、女性は腹が据わったら怖いもの無しなのだ。
    おつぼねー
    2019年05月16日
    43人がナイス!しています
  • 吉原で髪結いとして働いている場面は面白く読めた。が、人物の描き方や話の進め方が忙しすぎて登場人物に共感できず、読後もやもやしたものが残った。 吉原で髪結いとして働いている場面は面白く読めた。が、人物の描き方や話の進め方が忙しすぎて登場人物に共感できず、読後もやもやしたものが残った。
    真理そら
    2019年02月11日
    27人がナイス!しています
  • 主人公は、離縁されて吉原の髪結いとなった梅。熟練の技をもつ母と比べられたり、元旦那を奪ったのが遊女ということもあり、読んでいて、梅の悔しさや深い葛藤がひしひしと伝わってきた…。しかし、紀ノ川花魁を始め 主人公は、離縁されて吉原の髪結いとなった梅。熟練の技をもつ母と比べられたり、元旦那を奪ったのが遊女ということもあり、読んでいて、梅の悔しさや深い葛藤がひしひしと伝わってきた…。しかし、紀ノ川花魁を始めとした遊女たちの芯の通った生き様が、梅の考え方・生き方を変えていく…。こうやって主人公が成長するのもだけど、喪失の中から浮かび上がる希望を描いた物語が好きだ。また哀しくも明るいラストだったこともあり、私の中で印象に残る作品になると思う。 …続きを読む
    ひなきち
    2019年03月10日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品