試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
188
ISBN:
9784047353435

乙嫁語り 11巻

  • 著者 森 薫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
188
ISBN:
9784047353435

タラスとスミス、出会いの先へ…!

中央アジアを舞台に、さまざまな結婚物語を描き連ねていく『乙嫁語り』。英国人の旅行者スミスは、旅の目的地アンカラでタラスと再会したあと、ふたたび旅を始めることに。それは、もう一度アミルとカルルクの住む地域へ戻る旅……。新たに手に入れたアイテム「写真機」とともに、スミスとタラスと、案内人アリの旅路が始まる!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「乙嫁語り 11巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 奇跡的に再会したタラスとスミスは来たルートを戻り英領インドへ向かう。トルコでの日々が中心の描写。静かな印象の11巻。タラスのスミスを探す旅路に、再婚相手の度量の広さを感じる。タラスの行動力はこの時代で 奇跡的に再会したタラスとスミスは来たルートを戻り英領インドへ向かう。トルコでの日々が中心の描写。静かな印象の11巻。タラスのスミスを探す旅路に、再婚相手の度量の広さを感じる。タラスの行動力はこの時代では稀有な例だろう。また、ブランコの楽しさがいきいきと伝わる。ベルベル人との交流もありトルコという国が様々な文化圏と接していることを実感する。最も好きだったのは「寒中歌」。季節の移ろいにより変わる人々の日常。我々が便利な生活と引換に失った、ひとつの豊かさの形が描かれていると思う。人々の暖かさを感じる作品である。 …続きを読む
    yoshida
    2018年12月16日
    233人がナイス!しています
  • 発売日は忘年会参加で本屋に行けず、一日遅れでゲット。読みましたが、タラスさんが意外に情熱的で良かった。スミスさんも男気を見せてくれたし。タラスさんの聡明さも際立ってるし、子どもっぽくはしゃいでる姿も愛 発売日は忘年会参加で本屋に行けず、一日遅れでゲット。読みましたが、タラスさんが意外に情熱的で良かった。スミスさんも男気を見せてくれたし。タラスさんの聡明さも際立ってるし、子どもっぽくはしゃいでる姿も愛らしい。金の時計が幸せの〇〇みたいになってて笑いました。相変わらず、繊細な筆致に緻密な描写で引き込まれます。あとがきで年齢をカミングアウトされててびっくりしましたが。個人的にはタラスさんとスミスさんの年齢が知りたい…まだ書かれてない気がするのですが… …続きを読む
    水無月彦丸&ティアラ・ロウ
    2018年12月16日
    159人がナイス!しています
  • アミルをはじめとする乙嫁たち、パリヤ、カモーラ、ティレケといった乙嫁候補たち、いずれもいい女たち勢揃いの中、強く、逞しく、健気なタラスは至高の乙嫁。情勢は予断を許さない中、一途にスミスを追い求めた姿に アミルをはじめとする乙嫁たち、パリヤ、カモーラ、ティレケといった乙嫁候補たち、いずれもいい女たち勢揃いの中、強く、逞しく、健気なタラスは至高の乙嫁。情勢は予断を許さない中、一途にスミスを追い求めた姿にべた惚れです。 …続きを読む
    kazmimagica
    2018年12月17日
    158人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品