ゲームの企画書(3) 「ゲームする」という行為の本質

ゲームの企画書(3) 「ゲームする」という行為の本質 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年05月10日
商品形態:
電子書籍

ゲームの企画書(3) 「ゲームする」という行為の本質

  • 著者 電ファミニコゲーマー編集部
発売日:
2019年05月10日
商品形態:
電子書籍

賢者は歴史に学ぶ――全クリエイターに捧ぐヒット企画の開発秘話第3弾

ゲームを作る人々の証言や活動の記録を残していきたい。それもできるだけ、躍動感あるクリエイターたちの奮戦の物語として、多くの読者に読まれるものとして──。

「ゲームの企画書」は、そんな想いから始まった連載シリーズ。第3弾では、栄枯盛衰の激しいゲーム業界で活躍し続けるトップランナーたちと、エンタメの本質に迫る。

第1章 『ワニワニパニック』から会長までのぼりつめた男  石川祝男×相木伸一郎×小山順一朗
第2章 『パワプロ』『みんゴル』スポーツゲームの本質  谷渕弘×豊原浩司×小林康秀×村守将志
第3章 日本ファルコム たった50人の人気ゲーム会社  加藤正幸×近藤季洋×佐藤辰男


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゲームの企画書(3) 「ゲームする」という行為の本質」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ヒットゲームクリエイターのインタビューを収録した書籍の第3弾。今回はワニワニパニックの石川祝男さん、 「パワプロ」「みんゴル」のスポーツゲームクリエイター対談、日本ファルコムの社長・会長インタビューの ヒットゲームクリエイターのインタビューを収録した書籍の第3弾。今回はワニワニパニックの石川祝男さん、 「パワプロ」「みんゴル」のスポーツゲームクリエイター対談、日本ファルコムの社長・会長インタビューの3本。中でも、映画「君の名は」の新海誠監督など多くのクリエイターを輩出しており、なかなか内部の情報が表に出てこない日本ファルコムの話が面白かった、なぜ常時50人の規模でクオリティの高いゲームを次々とリリースできるのかの「謎」の一端を知ることができて満足。 …続きを読む
    tonkotsu
    2019年05月11日
    29人がナイス!しています
  • 日本ファルコム世代なので特に楽しめた。あの新海誠監督も日本ファルコム新卒時代、Photo Shopのコピー・アンド・ペーストしか出来なかったという話は驚いた。 日本ファルコム世代なので特に楽しめた。あの新海誠監督も日本ファルコム新卒時代、Photo Shopのコピー・アンド・ペーストしか出来なかったという話は驚いた。
    kubottar
    2019年06月17日
    14人がナイス!しています
  • 大ヒットゲームを制作してきた関係者へのインタビュー集の3冊目。 3章構成で、そのうちの2章は企業のあり方、もう1章はスポーツゲームについての内容となっている。 実技、ゲームを問わずスポーツ全般が苦手な 大ヒットゲームを制作してきた関係者へのインタビュー集の3冊目。 3章構成で、そのうちの2章は企業のあり方、もう1章はスポーツゲームについての内容となっている。 実技、ゲームを問わずスポーツ全般が苦手な私としては、企業のあり方の内容に目が向かう。 第1章は、旧ナムコ(現バンダイナムコホールディングス)の歩みとなっており、初期の熱気とそれに伴って、コピーゲーム対策で悪徳業者の工場に不法侵入して、逆に警察に捕まるなど熱気ゆえのエピソードがあり。そして、家庭用ゲーム機の質向上によって、(※以下続く) …続きを読む
    Utsuro
    2019年06月21日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品