ゲームの企画書(1) どんな子供でも遊べなければならない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
264
ISBN:
9784040822761

ゲームの企画書(1) どんな子供でも遊べなければならない

  • 著者 電ファミニコゲーマー編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
264
ISBN:
9784040822761

賢者は歴史に学ぶ――すべてのクリエイターに捧ぐヒット企画の開発秘話

ゲームを作る人々の証言や活動の記録を残していきたい。それもできるだけ、躍動感あるクリエイターたちの奮戦の物語として、多くの読者に読まれるものとして──。

「ゲームの企画書」は、そんな想いから始まった連載シリーズ。ゲーム史に名を残した名作ゲームのクリエイターの方々に製作時のエピソードをお聞きして、まとめていくインタビュー企画である。


第1章 伝説のアーケードゲーム『ゼビウス』  遠藤雅伸×田尻智×杉森建
第2章 国民的ゲーム『桃太郎電鉄』  さくまあきら×桝田省治
第3章 1000回遊べる『不思議のダンジョン』  中村光一×長畑成一郎
第4章 「信長」から「乙女ゲーム」まで  襟川陽一×襟川恵子×佐藤辰男


メディアミックス情報

NEWS

「ゲームの企画書(1) どんな子供でも遊べなければならない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ゲームの企画書本というよりは、有名ゲームクリエイターがゲーム制作時の印象的なエピソードを語った著書(一応企画書の写真も公開されている)。インタビューメンバーはゼビウスの遠藤雅伸さん、ポケモンの田尻智さ ゲームの企画書本というよりは、有名ゲームクリエイターがゲーム制作時の印象的なエピソードを語った著書(一応企画書の写真も公開されている)。インタビューメンバーはゼビウスの遠藤雅伸さん、ポケモンの田尻智さん、桃鉄のさくまあきらさん、不思議のダンジョンシリーズの中村光一さん、コーエーの襟川陽一(シブサワコウ)さんなどかなり豪華。普通のゲーム雑誌では語られない裏話もあり、ほとんどが20〜30年前の話だが、現在でも通じるエンタメ業界のクリエイター魂的なものを読めて非常に面白かった。 …続きを読む
    tonkotsu
    2019年04月02日
    35人がナイス!しています
  • 大ヒットのテレビゲームをめぐって、どのようにゲームを作り上げていったのかをまとめたインタビュー集。 個々のヒットゲームには、制作を支える人々のあり方があり、それ自体が大変面白い。 ゲームセンター(風営 大ヒットのテレビゲームをめぐって、どのようにゲームを作り上げていったのかをまとめたインタビュー集。 個々のヒットゲームには、制作を支える人々のあり方があり、それ自体が大変面白い。 ゲームセンター(風営法以前は24時間営業!)でのコミュニティにおける、ゲーム制作者とプレイヤーの交流と、そこから制作側にまわるプレイヤー。 真っ白な頭で偏見なくゲームを見るスタッフの声を聴きながら、ゲーム画面の前のプレイヤーを大事にしてゲームを作成する。 ゲームでアイテムが出る確率のあり方(実際の確率と認識上のそれとの差) …続きを読む
    Utsuro
    2019年03月31日
    9人がナイス!しています
  • 2019年。最初の3つの章で、少しずつ同じ話が出てくるところがおもしろかった(日本は記号的表現が得意で海外はリアリティ、人間の感覚がいかに実際の確率と対応していないか、キャラクターの大切さ)。光栄の章 2019年。最初の3つの章で、少しずつ同じ話が出てくるところがおもしろかった(日本は記号的表現が得意で海外はリアリティ、人間の感覚がいかに実際の確率と対応していないか、キャラクターの大切さ)。光栄の章は、さすが「トップマネジメント」を出している会社だけあり、特に会長の話、任天堂の山内社長との話とか、前の3章と違ったビジネス視点の話に驚いた。また、遠藤氏の「レベルデザインはゲームにとって本当に必要なのだろうか」等の今のゲームの常識にメスを入れる活動に注目したい。「新しいゲームを作ることは、動詞を作ること。」 …続きを読む
    たいそ
    2019年07月06日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品