祭火小夜の後悔

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041074411

祭火小夜の後悔

  • 著者 秋竹 サラダ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041074411

第25回日本ホラー小説大賞〈大賞&読者賞〉受賞作 ホラ大初のダブル受賞

第25回日本ホラー小説大賞〈大賞〉および〈読者賞〉受賞作

怪異現象に立ち向かうニューヒロイン誕生!

◆選評より
綾辻行人 ――前半に語られる三つの怪異譚がそれぞれにとても佳い。随所に「怖さ」を描くセンスが光る。全体として大いに作者の才気を感じさせる
貴志祐介 ――それぞれのエピソードのアイデアが秀逸。「しげとら」の趣向もおもしろい。ホラーの多様性を示せる
宮部みゆき ――作品全体を支えるヒロイン・祭火小夜の清楚な魅力と、全体に淡く漂う叙情性にも惹かれました

「私に、不思議な存在の知識を教えてくれたのは、兄でした」。怪異現象に詳しい女子高校生・祭火小夜(まつりび・さや)。これは、彼女との、ある夏の話。/

第1話 床下に潜む:田舎の高校で数学教師をしている坂口。用事で旧校舎を訪れ、一枚だけ色の違う床板を発見する。さらに、見知らぬ生徒・祭火と遭遇し、床板をひっくり返すという謎の存在に関する話を聞いた。夜、旧校舎に再び行った坂口が目撃したのは……。/

第2話 にじり寄る:浅井という少年は、巨大なムカデのようなものに憑かれて悩んでいた。ある日、それに関する決まりごとを破ってしまい最悪の事態に陥る。そんな折、一学年先輩である祭火と出会い、解決法を教えられるが……。/

第3話 しげとら:幼いころに「しげとら」と取引をした糸川葵。取引から10年経ち高校生になった彼女は、クラスメイトの祭火から、ある言葉を投げかけられる。/

第4話 祭りの夜に:そして夏休みの初日、祭火小夜が困っていると知った3人は、あることに協力するため祭火とともに一晩のドライブをすることに。「祭りの夜に、魔物が出るのです」。山のトンネルを潜り抜けて、魔物と対峙する一夜が始まった……。


装画:ねこ助


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

     

「祭火小夜の後悔」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昨日の『黒いピラミッド』に続いて2作目、第25回日本ホラー小説大賞大賞&読者賞ダブル受賞デビュー作です。本作の方がホラー小説大賞らしい作品でした。連作短・中編集ですが、オススメは『床下に潜む』です。著 昨日の『黒いピラミッド』に続いて2作目、第25回日本ホラー小説大賞大賞&読者賞ダブル受賞デビュー作です。本作の方がホラー小説大賞らしい作品でした。連作短・中編集ですが、オススメは『床下に潜む』です。著者は25歳と若く、本作は処女作なので、今後に期待が持てます。 …続きを読む
    starbro
    2018年11月14日
    198人がナイス!しています
  • 「怖い」というよりも読後に「寂しい」や「不思議な」という感情がこみ上げてくる作品。キャラクター達のどこか自虐的だったり、意外と図太くてコミカルなのも怖さを軽減しているのかもしれません。そのため、脳内イ 「怖い」というよりも読後に「寂しい」や「不思議な」という感情がこみ上げてくる作品。キャラクター達のどこか自虐的だったり、意外と図太くてコミカルなのも怖さを軽減しているのかもしれません。そのため、脳内イメージは『HoLic』風のイラストで再現されていました。「床下に潜む」はしっかりした怪談風。「にじり寄る」は人間の方が怖いわ!そして「しげとら」は何も分からない時分で交わした契約程、後で怖いものはないよね。しかし、小夜ちゃんのお兄さんがした意味はやっぱり、そうか・・・ラスト、残った彼らは無事に帰れたのだろうか …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2019年01月14日
    105人がナイス!しています
  • 日本ホラー大賞授賞作品。前半の短編3編は高校教師、女子高生、男子高校生が遭遇する怪異現象に祭火小夜が助け船をだす。それらは最後の「祭の夜に」の伏線となり、彼ら四人で魔物に立ち向かう。名前からして妖しい 日本ホラー大賞授賞作品。前半の短編3編は高校教師、女子高生、男子高校生が遭遇する怪異現象に祭火小夜が助け船をだす。それらは最後の「祭の夜に」の伏線となり、彼ら四人で魔物に立ち向かう。名前からして妖しい少女は不思議オーラ満載。小夜を思う兄の愛も感じられてよかった。ところで先生の彼女には変化がなかったのかなぁ。私は本編より短編の「しげとら」が好みだった。ただ、この表紙はやけにラノベっぽく、書店に並んでいたら私は手に取りにくい。 …続きを読む
    モルク
    2019年03月15日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

秋竹 サラダ(あきたけ さらだ)

1992年埼玉県生まれ。キャラクター青春小説とホラーを融合した作風で、今後の活躍が期待される。

最近チェックした商品