試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041091326

祭火小夜の後悔

  • 著者 秋竹 サラダ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041091326

ホラー界に新ヒロイン誕生!ホラー小説大賞初の〈大賞&読者賞〉W受賞作。

毎晩夢に現れ、少しずつ近づいてくる巨大な虫。この虫に憑かれ眠れなくなっていた男子高校生の浅井は、見知らぬ女子生徒の祭火から解決法を教えられる。幼い頃に「しげとら」と取引し、その取り立てに怯える糸川葵もまた、同級生の祭火に、ある言葉をかけられて――怪異に直面した人の前に現れ、そっと助言をくれる少女・祭火小夜。彼女の抱える誰にも言えない秘密とは? 新しい「怖さ」が鮮烈な、第25回日本ホラー小説大賞&読者賞ダブル受賞作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「祭火小夜の後悔」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編3+中編1の連作ホラー。個々の話だけだと一般的な怪談集になる所を、祭火小夜という素材を加えて連作にした事でこんなに面白くなるなんて凄いと思いました。最終話はヨメてしまう部分もありますが、それでも収 短編3+中編1の連作ホラー。個々の話だけだと一般的な怪談集になる所を、祭火小夜という素材を加えて連作にした事でこんなに面白くなるなんて凄いと思いました。最終話はヨメてしまう部分もありますが、それでも収束が良くできているので、連作の醍醐味を楽しむ事ができます。とても怖いというホラーではないけど構成が光る話で、綾辻氏・貴志氏・宮部氏の選評&ホラー小説大賞受賞なのも納得です。それにしても応募時のタイトルは超ダサいので、このタイトルになって良かったと思います。続巻へ🐕 …続きを読む
    うまる
    2020年10月05日
    30人がナイス!しています
  • 怪異現象に詳しい女子高校生・祭火小夜と、彼女に出会ったひとたちのある夏の連作短編集。床板をひっくり返す謎の存在を目撃する教師・坂口、巨大なムカデのようなものに憑かれて悩む少年、幼い頃に「しげとら」と取 怪異現象に詳しい女子高校生・祭火小夜と、彼女に出会ったひとたちのある夏の連作短編集。床板をひっくり返す謎の存在を目撃する教師・坂口、巨大なムカデのようなものに憑かれて悩む少年、幼い頃に「しげとら」と取引をした少女たちと謎めいた小夜が出会い、彼女のアドバイスで彼らが救われてゆく展開で、消えない後悔を抱える小夜の事情が徐々に明らかになってゆく中、それらの出会いが彼女に心境の変化をもたらしていて、それを読みやすい文章で坂口の悔恨も踏まえて結末へと導いてゆく展開はなかなか良かったです。今後に期待の作家さんですね。 …続きを読む
    よっち
    2020年03月24日
    21人がナイス!しています
  • 旧校舎三階の廊下の真下から現れる不気味な“あれ”‥「床下に潜む」。身体の不調に合わせる様に突如現れた“あれ”‥「にじり寄る」。幼少期にした取引の代償に怯える少女を狙う“あれ”‥「しげとら」。それぞれ問 旧校舎三階の廊下の真下から現れる不気味な“あれ”‥「床下に潜む」。身体の不調に合わせる様に突如現れた“あれ”‥「にじり寄る」。幼少期にした取引の代償に怯える少女を狙う“あれ”‥「しげとら」。それぞれ問題を抱えていた前三話の各ゲストらのストーリーがあってからこそ引き立つ第四話「祭りの夜に」‥といった四編から成る連作ホラーミステリー。。一見単純な話でも、ひと捻り加えるだけで味わい全然変わるのね(料理もそうだよね🧂)。 …続きを読む
    Yu。
    2022年01月08日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品