試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041091326

祭火小夜の後悔

  • 著者 秋竹 サラダ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041091326

ホラー界に新ヒロイン誕生!ホラー小説大賞初の〈大賞&読者賞〉W受賞作。

毎晩夢に現れ、少しずつ近づいてくる巨大な虫。この虫に憑かれ眠れなくなっていた男子高校生の浅井は、見知らぬ女子生徒の祭火から解決法を教えられる。幼い頃に「しげとら」と取引し、その取り立てに怯える糸川葵もまた、同級生の祭火に、ある言葉をかけられて――怪異に直面した人の前に現れ、そっと助言をくれる少女・祭火小夜。彼女の抱える誰にも言えない秘密とは? 新しい「怖さ」が鮮烈な、第25回日本ホラー小説大賞&読者賞ダブル受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「祭火小夜の後悔」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主役の小夜の影がうっすいんだけど、キャラが立ってないとか地味とかそういうんじゃなくて、控えめというか健気というか…好感のある薄さなのでそれはそれでよかった👼 意外に物の怪が命狙ってくるので怪談具合も 主役の小夜の影がうっすいんだけど、キャラが立ってないとか地味とかそういうんじゃなくて、控えめというか健気というか…好感のある薄さなのでそれはそれでよかった👼 意外に物の怪が命狙ってくるので怪談具合もいい塩梅♬ …続きを読む
    くろねこ
    2020年07月25日
    12人がナイス!しています
  • 学園怪異系ホラーの新鋭。ミステリアスな少女と日常を侵食する怪異というのはもはやお約束とも言えるセットだが、本作も例に漏れず、またその両方が程よく際立っていた。面白かったが、ライトな作品なのでもう少し昔 学園怪異系ホラーの新鋭。ミステリアスな少女と日常を侵食する怪異というのはもはやお約束とも言えるセットだが、本作も例に漏れず、またその両方が程よく際立っていた。面白かったが、ライトな作品なのでもう少し昔に読んでたらもっと楽しめたかもしれない。 …続きを読む
    東京湾
    2020年04月02日
    9人がナイス!しています
  • 旧校舎の床下に潜む何か、夢に出てくる巨大な虫、取引を持ち掛けてくる男。様々な怪異に悩まされる登場人物たちの前に一人の少女が現れ、解決していく連作短編集。不可思議な怪異現象と温度を感じない文体が、現実に 旧校舎の床下に潜む何か、夢に出てくる巨大な虫、取引を持ち掛けてくる男。様々な怪異に悩まされる登場人物たちの前に一人の少女が現れ、解決していく連作短編集。不可思議な怪異現象と温度を感じない文体が、現実に侵食してくるようなじわじわとした怖さを感じた。前半はホラー要素がやや強いが、後半の彼女の秘密に迫る中編はミステリらしさもあり、読みやすかった。 …続きを読む
    huraki
    2020年08月01日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品