角川ソフィア文庫

明治日本写生帖

245の図版で見る明治──議会、軍隊、寺社、学校から、相撲、歌舞伎まで

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044004293
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

明治日本写生帖

245の図版で見る明治──議会、軍隊、寺社、学校から、相撲、歌舞伎まで

  • 著者 フェリックス・レガメ
  • 訳 林 久美子
  • 解説 稲賀 繁美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044004293

245の図版で見る明治──議会、軍隊、寺社、学校から、相撲、歌舞伎まで

開国直後の日本を2度訪れたレガメ。紙とペン、そして旺盛な好奇心を携えたフランスの画家は、憧れの異郷で目にするすべてを描きとめた。誕生したばかりの帝国議会の様子は? 富裕層と庶民の学校はどう違う? 市川團十郎の歌舞伎の舞台裏とは? 天皇、軍人、僧侶から、名もなき人や子どもまで、明治の人と風景を克明に描く図版245点。ジャポニスムに火を付けた画家の知られざる全貌、日仏交流史における意義に迫る解説を収録。

もくじ

■ 明治日本写生帖(LE JAPON EN IMAGES)

 国土と国民
 政治と文明化
 軍隊
 宗教・風俗・慣習
 音楽と踊り
 芝居と相撲
 公教育
 芸術と芸術家

■ フェリックス・レガメと日本  林久美子
■ 日仏文化交流史の中のギメとレガメ  稲賀繁美

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「明治日本写生帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明治9年と32年、二度の来日の記録をまとめ、「国土と国民」にはじまる9章を費やして日本の歴史、文化、風俗を紹介した著著の邦訳。日本についての記述の正確性はともかく、見るべきはレガメのスケッチだ。画家、 明治9年と32年、二度の来日の記録をまとめ、「国土と国民」にはじまる9章を費やして日本の歴史、文化、風俗を紹介した著著の邦訳。日本についての記述の正確性はともかく、見るべきはレガメのスケッチだ。画家、そして美術学校の教師としての彼の高い洞察力、観察力、そして画力は明治時代の人々の暮らしや彼らを取り巻く服飾や小道具までを詳細かつ正確に今に伝える。ぶっちゃけ参考資料や実物をふんだんに見て描いているはずの現代の日本人アニメーターや漫画家などよりも「よく描けている」という点、それだけで私としては見ていて楽しい! …続きを読む
    inarix
    2019年05月21日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品