メディアワークス文庫

神様の跡つぎ -きみと過ごした奇跡の夏-

還らぬ弟を待ち続ける、兄の想いが奇跡を呼ぶ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049120394
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

神様の跡つぎ -きみと過ごした奇跡の夏-

還らぬ弟を待ち続ける、兄の想いが奇跡を呼ぶ

  • 著者 安東 あや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049120394

還らぬ弟を待ち続ける、兄の想いが奇跡を呼ぶ

 鎌倉の鈴ノ山神社の息子・伊吹は短気で喧嘩っぱやい。
 俺は跡継ぎの器ではないと、十年前に神隠しに遭った優秀な弟を待ち続け、頑なに後継を拒んでいる。
 後継の儀式が迫り焦る伊吹の前に、弟の行方を知るらしき《神様の跡継ぎ》と名乗る美青年が突如現れる。
 「弟の行方を知りたければ、神様修行を手伝え」
 という彼に連れ回され、知人を訪ねたり、神社の仕事を手伝う内に伊吹にも変化が生まれ……。
 二人の跡継ぎの絆に涙する、 切なくも心温まる物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神様の跡つぎ -きみと過ごした奇跡の夏-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 鎌倉が舞台。兄弟の絆が感じられてよかった。わかってても終盤切ない。神社でのお仕事の場面楽しかった。 鎌倉が舞台。兄弟の絆が感じられてよかった。わかってても終盤切ない。神社でのお仕事の場面楽しかった。
    coco夏ko10角
    2019年05月08日
    22人がナイス!しています
  • 時に子供っぽく頑な態度にでながらも、お互いをずっと思いやる双子の絆に温かい気持ちになりました。薄々そうかなと思っていたものの、切ないラストにうるっときました。 時に子供っぽく頑な態度にでながらも、お互いをずっと思いやる双子の絆に温かい気持ちになりました。薄々そうかなと思っていたものの、切ないラストにうるっときました。
    にゃうぴょん
    2019年02月13日
    8人がナイス!しています
  • ★★★★☆ ★★★★☆
    MAMI.
    2018年12月03日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品