余命七日の死神

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049122190

余命七日の死神

  • 著者 安東 あや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049122190

これは命がけの恋物語。 七夕に奇跡が起きる――。

「七日後にきみは死にます」
 高1の英明は、死神に突然宣告される。助かる条件は身代わりの少女・塔子を七夕祭りに公園に連れてきて、『命を捧げると言わせる』こと。
 絶体絶命の英明は、一縷の望みにすがって同級生の塔子に近づき、彼女の心を七日間で奪おうとする。だが、少しずつ心を開いていく塔子に、英明は強く惹かれていく。
「死にたくない、でも彼女を死なせたくない――」
 死の運命に抗おうとする二人が最後に下す決断とは? 感涙必至の切ない恋物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「余命七日の死神」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった。好みにはどストライクだし。でも、なんか今ひとつかなあ。なんでだろう。最近読んだ本がずっと大当たりだったからかなあ。個人的には桃くんがめっちゃ好きだった。 面白かった。好みにはどストライクだし。でも、なんか今ひとつかなあ。なんでだろう。最近読んだ本がずっと大当たりだったからかなあ。個人的には桃くんがめっちゃ好きだった。
    しお@道央民
    2019年04月10日
    18人がナイス!しています
  • 死神から余命七日と宣告された主人公。助かるには身代わりの少女・塔子に「命をささげる」と言わせる事だった。自身が助かるために塔子へと近づいていくのだが逆に塔子に惹かれていき期限が迫る中葛藤するし出した決 死神から余命七日と宣告された主人公。助かるには身代わりの少女・塔子に「命をささげる」と言わせる事だった。自身が助かるために塔子へと近づいていくのだが逆に塔子に惹かれていき期限が迫る中葛藤するし出した決断とは...。この手の内容の話は好きなんだけども惜しいと思わされるのがただただ薄い。個人的にもうちょい掘り下げて欲しい所がちらほら見受けられる感じだった。最後の締めくくりはベタながらも未来ある感じで好き。 …続きを読む
    アウル
    2019年02月06日
    14人がナイス!しています
  • 表紙もタイトルも基本設定もかなりありがち。面白いけれどラストはいろいろな面で弱いな― 表紙もタイトルも基本設定もかなりありがち。面白いけれどラストはいろいろな面で弱いな―
    た〜
    2019年02月05日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品