角川新書

巡礼ビジネス ポップカルチャーが観光資産になる時代

アニメ産業2兆円突破!急拡大する「聖地巡礼」という消費行動に迫る。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
304
ISBN:
9784040822594
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

巡礼ビジネス ポップカルチャーが観光資産になる時代

アニメ産業2兆円突破!急拡大する「聖地巡礼」という消費行動に迫る。

  • 著者 岡本 健
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
304
ISBN:
9784040822594

アニメ産業2兆円突破!急拡大する「聖地巡礼」という消費行動に迫る。

市場拡大するアニメ産業から派生した「聖地巡礼」という消費行動。どうしたら「大切な場所」を作ることができるのか? 「過度な商業化による弊害」事例も含め、文化と産業とが融合したケースを数多く紹介する。

もくじ

はじめに

世界的に増加する観光客/インバウンドの衝撃と憂鬱/2兆円を超えたアニメ市場/文化と産業が交錯する「聖地」巡礼/観光「資産」としてのポップカルチャー/観光研究者が語る意義


第1章 アニメ聖地巡礼

アニメ聖地巡礼とインターネットの普及/アニメ聖地巡礼の実態/情報を創造、発信する旅行者/ボトムアップ的なコンテンツツーリズムへの展開/コンテンツツーリズムと観光政策/コンテンツツーリズムが注目されるわけ


第2章 コンテンツツーリズムへの展開

点を面に展開する/ホスピタリティとおもてなし/コンテンツをきっかけに地域資源の良さを伝える/伝統創造の源泉となるコンテンツ


第3章 観光資源を生む「創造性」

観光は「差異」を売る産業/差異を生む「創造性」/社会の変化によって価値が生じる/旅行者が発揮する創造性/創造的な景観の評価と活用/創造性を作り出すにはどうすれば良いのか/「創造的なもの」は人に知らせたくなる


第4章 現実、情報、虚構空間への巡礼

リアル「脱出」ゲーム/位置情報ゲームと地域の表象/コミュニティ・オブ・インタレストと地域の出会い/移動しない観光、旅するアバター
 

第5章 観光「資産」化への道

コンテンツで既存施設への新規顧客の集客/様々なコンテンツ源同士を組み合わせてコンテンツ化する/コンテンツとコンテクスト/コンテクストそのものを利用する/地域資源への感性的アクセスを考える/「遊び方」を創り出すアクター/アーカイブとデータベースの重要性/ポップカルチャーの政策と活用


第6章 巡礼ビジネスに必要なこと

巡礼ビジネスを始めるヒント/情報発信のプラットフォーム/知的財産と創造性教育の充実/先行する事例や研究を調べる/巡礼ビジネスのふ化器を作り上げる


対談 村山慶輔 × 岡本健
参考文献

メディアミックス情報

NEWS

「巡礼ビジネス ポップカルチャーが観光資産になる時代」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あちらこちらで、いろいろ工夫しているんですね。観光産業は創造性が求められるものだということが、実例から感じられました。 あちらこちらで、いろいろ工夫しているんですね。観光産業は創造性が求められるものだということが、実例から感じられました。
    kishi
    2019年02月23日
    17人がナイス!しています
  • アニメやゲームで登場する場所=聖地、を町おこしへ繋げていく方策を論じているが著者が基本的にアニメ・ゲーム側に立っているので受け入れ側の理解不足に対する論評が浅い気がするのと鷲宮神社の様に他の有力な観光 アニメやゲームで登場する場所=聖地、を町おこしへ繋げていく方策を論じているが著者が基本的にアニメ・ゲーム側に立っているので受け入れ側の理解不足に対する論評が浅い気がするのと鷲宮神社の様に他の有力な観光コンテンツがない場所とone of them扱いの地域では温度差があるように感じる。あと、取り上げているアニメ・ゲームの基礎知識がないよ理解が深まらないかな? …続きを読む
    council
    2019年01月26日
    5人がナイス!しています
  • コンテンツビジネスの一環としてのコンテンツツーリズムはディズニーランドに見られるように目新しさはなく、消費者主導型の「聖地巡礼」は新しい現象だけど地域が食えるほど儲けようとすると醒めるものです。「ビジ コンテンツビジネスの一環としてのコンテンツツーリズムはディズニーランドに見られるように目新しさはなく、消費者主導型の「聖地巡礼」は新しい現象だけど地域が食えるほど儲けようとすると醒めるものです。「ビジネス」を強調すると取り立てて新しくないし、「巡礼」を強調すると儲かるとは言い難い。巡礼ビジネスなる表現がすでに詰んでいる気がします。個人的にはどちらかに割り切ってしまったほうがよいと思うのですが、どちらにしてもこの手の研究は過剰に新しさを強調して、既存の蓄積に対する置づけが欠落している気がするのです。 …続きを読む
    富士さん
    2019年03月31日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品