角川新書

新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040822563
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像

  • 著者 村松 剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040822563

アイヒマン裁判を、アーレントと共に傍聴していた「日本人」作家がいた!

アイヒマン裁判を、ハンナ・アーレントらと共に傍聴していた「日本人」作家がいた!
裁判の現場にいた著者による、生々しき傍聴記とアイヒマンの評論。
絶対に許してはならない優生思想と排外主義。その負の歴史を語り継ぐために、当時ベストセラーとなった本書を復刊する。

人類史に残る、恐るべきナチスによるユダヤ人絶滅計画。
その実態と、その背景にある思想は何か、またこの計画の実際的推進者であったアイヒマンの思想はどのようにして形成されたのか。
当時、イスラエルに赴いてアイヒマン裁判を直に傍聴してきた著者が、この謎に独自の光をあてたものである。
まだハンナ・アーレントが著名になる前、裁判の翌年(1962年)に刊行された本書には、「凡庸な悪・アイヒマン」と、裁判の生々しき様子が描かれている。

※本書は一九六二年に角川新書で刊行され、一九七二年に文庫化された作品を復刊し、著作権承継者による解説を加えたものです。
底本には一九七五年の文庫第七版を使用しました。

もくじ

第一部 地獄からの報告書
トレブリンカ第一収容所/トレブリンカ第二収容所(一)/トレブリンカ第二収容所(二)
/マイダネック収容所/ヘルムノ収容所/ソビボール収容所

第二部 一殺戮者の肖像
青年/親衛隊員/ユダヤ人/ゲシュタポ/最終解決

あとがき(新書版あとがき)
アイヒマン裁判覚書―あとがきにかえて―(文庫版あとがき)

解説 村松聡


メディアミックス情報

NEWS

「新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アイヒマン裁判を傍聴しそれを元に書かれた一冊。前半はホロコースト生存者の証言、後半はアイヒマンの評伝。1962年刊行という事で『エルサレムのアイヒマン』も発表されておらずアイヒマン実験が行われるのはこ アイヒマン裁判を傍聴しそれを元に書かれた一冊。前半はホロコースト生存者の証言、後半はアイヒマンの評伝。1962年刊行という事で『エルサレムのアイヒマン』も発表されておらずアイヒマン実験が行われるのはこの翌年、当然これらに言及される事はないがそれだけに著者の慧眼が際立っている。特にアーレント同様、行った動機が出世欲という陳腐なものだと見抜いているのは凄いと思う。育った家庭や前半生の仕事も描くことでそれが際立ってるし。仕事の内容にかかわらず与えられた仕事に取り組んだ結果がこれだと思うと、うすら寒くなるな。 …続きを読む
    HANA
    2019年06月10日
    57人がナイス!しています
  • 冒頭、ユダヤ人の収容所での悲惨な扱いの描写がある。吐き気を催すような描写であるが真実なのだ。2000年前の時代に遡ってユダヤ人は悪であり駆除しなければならないとの考えによりナチス政権自身がユダヤ人駆除 冒頭、ユダヤ人の収容所での悲惨な扱いの描写がある。吐き気を催すような描写であるが真実なのだ。2000年前の時代に遡ってユダヤ人は悪であり駆除しなければならないとの考えによりナチス政権自身がユダヤ人駆除を指示した。殺戮数がゲシュタポの出世の目安になるなど酷い。ユダヤ人の脂肪で作った石鹸や骨を砕いてのセメントなど。政府の指示とは言え、民衆も本気でユダヤ人を殺せと唱えていた。低圧や出血の限界などはユダヤ人の人体実験に得られたデータ。宗教で改宗すると悪魔とみなされるなど日本では考えられない世界なのだ。 …続きを読む
    templecity
    2019年07月17日
    7人がナイス!しています
  • 本書は1962年に刊行された本の新盤。ホロコーストの実質的な責任者であったアイヒマンの人生と彼が何をしたのかがまとめられている。それに加え、ホロコーストの流れやユダヤ人が迫害された背景についても解り易 本書は1962年に刊行された本の新盤。ホロコーストの実質的な責任者であったアイヒマンの人生と彼が何をしたのかがまとめられている。それに加え、ホロコーストの流れやユダヤ人が迫害された背景についても解り易く記述されている。「仕事だった」「悪意はなかった」は何の免罪符にもならないのだが、なぜか人間はこれを理由にすれば許される、罪が軽くなる、と錯覚し自らの責任を心理的に放棄してしまうきらいがある。自分もこの罠に陥らないよう戒めとしたい。 …続きを読む
    カテータク
    2019年01月01日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品