メディアワークス文庫

吉原百菓ひとくちの夢 弐

発売日:
2018年08月25日
商品形態:
電子書籍
吉原百菓ひとくちの夢 弐 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

泣いて、笑って、明日また頑張れる。心温まる、ひとくちの”人情の味”。

 江戸の吉原一、料理が美味いと評判の見世・美角屋。そこで働く菓子の料理番・太佑のもとには、今日も様々な想いを抱えた者が訪れる。不祥事を起こし落ち目となった歌舞伎役者、最後の登楼にきた馴染みの老爺、初めての客どりを控えた遊女見習い……。
 『生きるための食事ではない、ひと時の幸福のための菓子』を作り続ける太佑は、彼らにどんなひとくちの菓子を届けるのか――。
 2018年《メディアワークス文庫賞》受賞。心温まる人情菓子物語、涙と感動の第2巻。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「吉原百菓ひとくちの夢 弐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 草次郎と成瀬の関係は太佑と朝露のそれとも重なるようで不憫である。太佑はそれでもひとくちの夢のために菓子を作り続けるしかないのだ。そこに著者の優しさと厳しさを読み取った。 草次郎と成瀬の関係は太佑と朝露のそれとも重なるようで不憫である。太佑はそれでもひとくちの夢のために菓子を作り続けるしかないのだ。そこに著者の優しさと厳しさを読み取った。
    佐島楓@勉強中
    2018年08月28日
    61人がナイス!しています
  •  ビックリするぐらい、潔い幕引きでした。もっと巻数を重ねても良さそうなのに。それぞれが自分らしく生きていく。あり得ないことをあり得ないという姿勢が好感度大。  ビックリするぐらい、潔い幕引きでした。もっと巻数を重ねても良さそうなのに。それぞれが自分らしく生きていく。あり得ないことをあり得ないという姿勢が好感度大。
    はるき
    2019年01月02日
    31人がナイス!しています
  • 吉原の見世で菓子の料理番をしている太佑。そこで出会う客の悩みを菓子で癒やす、ほっこりした雰囲気が好きです。成瀬と草次郎の交わることの無い未来が切なかったです。太佑と朝露の関係も同様ですよね…優しいけど 吉原の見世で菓子の料理番をしている太佑。そこで出会う客の悩みを菓子で癒やす、ほっこりした雰囲気が好きです。成瀬と草次郎の交わることの無い未来が切なかったです。太佑と朝露の関係も同様ですよね…優しいけど、現実はままならないのが切ないです。 …続きを読む
    ぽぽ♪
    2018年10月08日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品