向日葵のある台所

あらためて家族とは何かを考えさせられる、著者渾身の問題作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041072035
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

向日葵のある台所

あらためて家族とは何かを考えさせられる、著者渾身の問題作!

  • 著者 秋川 滝美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041072035

あらためて家族とは何かを考えさせられる、著者渾身の問題作!

麻有子(46歳)は、美術館に勤める学芸員。シングルマザーで中学二年の娘・葵がいる。東京の郊外で親子二人、平和に暮らしている。そんな折、麻有子の姉・鈴子から「母が倒れた」と電話がかかっきた。そもそも麻有子自身は、母とも姉とも折り合いが悪く、どうしても避けられない冠婚葬祭以外は極力関わらないようにしてきた。帰省など一ミリたりともしたくない。しかし、一向に聴く耳を持たない姉は、「とにかく来て」の一点張り。しかも、いつの間にか、麻有子に退院した母の世話を押しつけようとしているのだ。電話ではらちが明かなくなったため、仕方なくお見舞いに行くことに。そこから、麻有子の「家族」という檻に捕らわれるようになってきて――。あらためて家族とは何かを考えさせられる、著者渾身の問題作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「向日葵のある台所」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。思春期の娘をもつシングルマザーの麻有子が介護が必要になった母親と同居しなくてはいけなくなり過去のトラウマを抱きながら心の中の蟠りを解いていく物語。中学生の葵ちゃんが一番自分を押し殺して明るく 図書館本。思春期の娘をもつシングルマザーの麻有子が介護が必要になった母親と同居しなくてはいけなくなり過去のトラウマを抱きながら心の中の蟠りを解いていく物語。中学生の葵ちゃんが一番自分を押し殺して明るく振る舞う姿が健気で良かった。 …続きを読む
    ナイスネイチャ
    2018年11月20日
    153人がナイス!しています
  • 何でもこなせる麻有子の自己評価が低いのは、母である正恵の育て方のせい。それでも麻有子が葵と良好な関係を築いていられるのは、母と物理的に離れられたから。支配しようとする親からは、子どもはできる限り速やか 何でもこなせる麻有子の自己評価が低いのは、母である正恵の育て方のせい。それでも麻有子が葵と良好な関係を築いていられるのは、母と物理的に離れられたから。支配しようとする親からは、子どもはできる限り速やかに逃げなければいけないと思う。麻有子が葵を育てる際の反面教師として正恵が役立ったとしても。厳しくされて能力が(否応なしに)身についた麻有子とは正反対に育てられた鈴子のこれからも心配。私も子どもたちに「あるべき姿」を、できれば笑顔でまっとうする様子を見せられるように、これからも努力をしないといけないな。 …続きを読む
    ででんでん
    2018年12月15日
    95人がナイス!しています
  • 秋川滝美さん、初読み。14才の娘・葵と二人で暮らす麻有子に「母が倒れたので引き取って欲しい」と姉からの電話が。子供の頃から折り合いの悪かった母を、何故今このタイミングで? 家族の関係は難しい。親もまた 秋川滝美さん、初読み。14才の娘・葵と二人で暮らす麻有子に「母が倒れたので引き取って欲しい」と姉からの電話が。子供の頃から折り合いの悪かった母を、何故今このタイミングで? 家族の関係は難しい。親もまた未熟な人間であると言うことが良く分かる。葵ちゃんが良い子です♪ …続きを読む
    ゆみねこ
    2018年10月12日
    92人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品