100年後も読まれる名作(2) かがみの国のアリス

100年後も読まれる名作(2) かがみの国のアリス 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年04月25日
商品形態:
電子書籍

100年後も読まれる名作(2) かがみの国のアリス

  • 作 ルイス・キャロル
  • 編訳 河合 祥一郎
  • 絵 okama
  • 監修 坪田信貴
発売日:
2018年04月25日
商品形態:
電子書籍

ビリギャル坪田先生推薦! オールカラー&抄訳版

雪の日、いたずら子ネコをたしなめてたら、かがみの中に入っちゃった。ずんぐり坊やのおかしな双子や、いばった卵人間ハンプティ・ダンプティ。今後はアリスが女王に!? 大人気『アリス』のオールカラー&抄訳版!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「100年後も読まれる名作(2) かがみの国のアリス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 底本のつばさ文庫新訳から数年、抄訳のフルカラー版で刊行されたかがみの国。アリスが何年たっても覚えている、一番印象的だった白のナイトのシーンがめちゃくちゃ情感たっぷりに描かれていてどきっとした。「セイウ 底本のつばさ文庫新訳から数年、抄訳のフルカラー版で刊行されたかがみの国。アリスが何年たっても覚えている、一番印象的だった白のナイトのシーンがめちゃくちゃ情感たっぷりに描かれていてどきっとした。「セイウチと大工さん」のところもちゃんと描かれていると面白いものです。さくっと読めちゃう版なのでさくっと読んでしまったのですが、それでも流石にこの世界に触れていると、なんか、くらくらしてくる。この本を読んで得る教訓(読書感想文的な)は、どんなに不愉快な相手にも親切に接する、そんなおとななアリスの姿を見習う事なのかな。 …続きを読む
    歩月るな
    2016年09月03日
    3人がナイス!しています
  • 同シリーズの「ふしぎの国のアリス」と一緒で、イラストオールカラーが嬉しい。かがみの国の話は小さい頃に絵本で読んだだけだったので、まともに読んだのは初めて。鏡の中の世界では、現実とはあべこべのことが起こ 同シリーズの「ふしぎの国のアリス」と一緒で、イラストオールカラーが嬉しい。かがみの国の話は小さい頃に絵本で読んだだけだったので、まともに読んだのは初めて。鏡の中の世界では、現実とはあべこべのことが起こるが、これが面白い。元ネタとして、数学とか論理学とかいろいろあるなーと思いつつ読んだ。絵本化しているため全文訳ではないので、次はそっちを読みたい。 …続きを読む
    おりぜる@新書等の積読あと500冊!
    2017年03月20日
    1人がナイス!しています
  • チェスがモチーフでアリスが女王になるのがこっち。 チェスがモチーフでアリスが女王になるのがこっち。
    AQL
    2017年11月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品