角川文庫

警視庁監察室 報復のカルマ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041070048
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

警視庁監察室 報復のカルマ

  • 著者 中谷航太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041070048

警官殺しに隠された、悪の連鎖!書き下ろし長篇警察小説。

新宿署の組織犯罪対策課の刑事・宗谷弘樹が殺害された。そして直後に、宗谷に関する内部告発が本庁に届けられた。監察係に配属された新海真人は、宗谷殺害の背景を調べることになったが──。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「警視庁監察室 報復のカルマ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 悪人は悪人しか退治できませんからね、駅前で寝てる酔っぱらいに『お兄さーん、聞こえるー?家どこー?』って呼び掛けてる気のいい交番のお巡りさんも警戒するに越したことはないわね。とはいえ、このお話に出てくる 悪人は悪人しか退治できませんからね、駅前で寝てる酔っぱらいに『お兄さーん、聞こえるー?家どこー?』って呼び掛けてる気のいい交番のお巡りさんも警戒するに越したことはないわね。とはいえ、このお話に出てくる警察官たちは闇深すぎ。シリーズ1作目を読んでないんで主人公のことはよくわかりませんけど、警官が復讐のためにバンバン人殺して殺された方も、まぁしょうがないね、みたいな人たちで最後は誰もなんかおかしいって思わないっていう。闇は深いけど思考は浅いのね。個人的には香織さんのダイエット方法に興味津々よ! …続きを読む
    こーらすまま
    2019年06月02日
    2人がナイス!しています
  • 何かシリーズとして核になる部分が見えて来ないように感じてなりません。正直、熱心に追いかける作家さんではない、という印象です。 何かシリーズとして核になる部分が見えて来ないように感じてなりません。正直、熱心に追いかける作家さんではない、という印象です。
    へいがぁ
    2019年01月14日
    2人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。最近の刑事ドラマっぽいなと思う。 ライトには読めるので警察モノを読みたい時・読書初心者には良いシリーズかと思う。 救いようのない感じが好きなので1作目の雰囲気の方が好きだったが、今回は シリーズ2作目。最近の刑事ドラマっぽいなと思う。 ライトには読めるので警察モノを読みたい時・読書初心者には良いシリーズかと思う。 救いようのない感じが好きなので1作目の雰囲気の方が好きだったが、今回は今回で面白かったと思う。 …続きを読む
    ガバキン
    2019年01月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品