歴史としての戦後史学 ある歴史家の証言

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044003999

歴史としての戦後史学 ある歴史家の証言

  • 著者 網野 善彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044003999

歴史家・網野善彦がその学問形成と戦後史学の足跡を重ねわせた自伝的名著。

それまでの自分の生き方の決定的な誤りに気付いた1953年の夏から40余年間、ひたすらに学問と研究に向き合い、独自の歴史像を拓き続けた歴史家・網野善彦。「一つ一つの仕事、一通一通の文書を大切にするような姿勢だけは崩すまい」――戦後史学の当事者でもあった著者の苦悩と挫折、知られざる学問形成の足跡に肉薄。今後の歴史学に対する危惧を抱きつつも、その新たな展開へ強い願いを込めた自伝的名著。解説/清水克行

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「歴史としての戦後史学 ある歴史家の証言」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 鎌倉時代から室町時代にかけての本邦の歴史について幅広く優れた業績を遺した著者の、研究書への解説や日本の歴史学の進みゆきについて回顧するエッセイをまとめたもの。読んでいくと、優れた知性を以って過去を暮ら 鎌倉時代から室町時代にかけての本邦の歴史について幅広く優れた業績を遺した著者の、研究書への解説や日本の歴史学の進みゆきについて回顧するエッセイをまとめたもの。読んでいくと、優れた知性を以って過去を暮らした人々とその営みについて絶えず想いを凝らし、研究に熱く邁進し続けた人となりが浮かんでくる。巻末に収録された20ページ余りのインタビューが凝縮されているので、まずそれを読んでから巻頭に戻るのも良いかもしれない。解説の清水克行が、80年代以降の網野は歴史学会の中心人物だったとはっきり述べているのも印象的だった。 …続きを読む
    さえきかずひこ
    2020年12月16日
    10人がナイス!しています
  • 期待した内容とちがった。歴史の本ではなく歴史学についてだった。先人たちへのリスペクト、伝わってくる。歴史って面白いなあ…。日本の中の多様性について、思いを馳せる。 期待した内容とちがった。歴史の本ではなく歴史学についてだった。先人たちへのリスペクト、伝わってくる。歴史って面白いなあ…。日本の中の多様性について、思いを馳せる。
    tellme0112
    2019年01月07日
    10人がナイス!しています
  • 知っているエピソードも多数だったが流石に面白い。 知っているエピソードも多数だったが流石に面白い。
    tkm66
    2018年10月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品