超限戦 21世紀の「新しい戦争」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
328
ISBN:
9784040822402

超限戦 21世紀の「新しい戦争」

  • 著者 喬良
  • 著者 王湘穂
  • 監修 坂井 臣之助
  • 訳者 Liu Ki
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
328
ISBN:
9784040822402

軍事と非軍事――境界を曖昧にする手法が21世紀の「戦争の形」である

超限戦とはは「戦争と非戦争」、「軍事と非軍事」という全く別の世界の間に横たわっていたすべての境界が打ち破られる在り方。本書刊行後の2014年にはロシアの新軍事ドクトリンにこの内容に近いものが提示され、世界各国はこれを「ハイブリッド戦」と呼ぶようになったのです。令和2年8月に刊行された『令和2年版 日本の防衛 防衛白書』にも「ハイブリッド戦」が表記されました。本書で提示される「非軍事の戦争行動」は以下のようなものがあります。

・貿易戦(国内貿易用の国際運用や関税障壁の恣意的な設定と破棄等)
・金融戦(非国家組織が非軍事手段を用いて主権国家に仕掛ける非武力戦争)
・新テロ戦(伝統的なテロに比べて規模が大きい)
・生態戦(遠くない将来、「エルニーニョ」「ラニーニャ」現象が人工的に作られる)

ほかにも密輸戦(経済秩序に打撃)、メディア戦(他国の世論を誘導)、麻薬戦、ハッカー戦、技術戦(標準を作って特許を独占)、資源戦、経済援助戦(恩恵を施してコントロール下に置く)、文化戦(異分子を同化させる)……。戦争の姿はかつてとは大きく変わったのです。

【目次】
第1部 新戦争論
第一章 いつも先行するのは兵器革命
第二章 戦争の顔がぼやけてしまった
第三章 教典に背く教典
第四章 アメリカ人は象のどこを触ったのか

第2部 新戦法論
第五章 戦争ギャンブルの新たな見方
第六章 勝利の方法を見出す――側面から剣を差す
第七章 すべてはただ一つに帰する――超限の組み合わせ
第八章 必要な原則

※本書は2001年12月に共同通信社より刊行された単行本を内容そのままに角川新書の1冊として復刊したものです

もくじ

日本語版への序文
序文

第1部 新戦争論

第一章 いつも先行するのは兵器革命
ハイテク戦争とは何か
兵器に合わせた戦争と、戦争に合わせた兵器開発
新概念の兵器と、兵器の新概念
兵器の「慈悲化」傾向

第二章 戦争の顔がぼやけてしまった
何のために、誰のために戦うのか
どこで戦うのか
誰が戦うのか
どんな手段、どんな方式で戦うのか

第三章 教典に背く教典
「露の如き」同盟
タイミングがよかった「改組法」
「空地一体戦」をさらに遠く超えて
地上戦の王者は誰だ
勝利の背後に隠されたもう一本の手
多くの断面を持つリンゴ

第四章 アメリカ人は象のどこを触ったのか
軍種の垣根の下で伸びた手
贅沢病と死傷者ゼロ
グループ、遠征軍、一体化部隊
統合戦役から全次元作戦へ――徹底した悟りまであと一歩


第2部 新戦法論

第五章 戦争ギャンブルの新たな見方
戦雲の陰影を取り払う
ルールの破壊と失効した国境
戦争の大御所の作ったカクテル
足し算でゲームに勝つ方法

第六章 勝利の方法を見出す――側面から剣を差す
黄金分割の法則との暗合
勝利の語法――「偏正律」
主と全:偏正式組み合わせの要点
法則であって定式ではない

第七章 すべてはただ一つに帰する――超限の組み合わせ
超国家的組み合わせ
超領域的組み合わせ
超手段的組み合わせ
超段階的組み合わせ

第八章 必要な原則
全方向度
リアルタイム性
有限の目標
無限の手段
非均衡
最少の消耗
多次元の協力
全過程のコントロール

結び
後記
監修者・訳者あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「超限戦 21世紀の「新しい戦争」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1999年に中国で刊行され、9.11を予言したと言われている本。現役の中国軍将校が、今後の戦争について論じる。あらゆるものが手段となり、すべての兵器と技術が組み合わされ、戦争と非戦争、軍事と非軍事、軍 1999年に中国で刊行され、9.11を予言したと言われている本。現役の中国軍将校が、今後の戦争について論じる。あらゆるものが手段となり、すべての兵器と技術が組み合わされ、戦争と非戦争、軍事と非軍事、軍人と非軍人という境界がなくなる。貿易戦争、金融戦争、新テロ戦争、生態戦争、等。今、世界の情勢を見ると、まさしくその様相を呈している。全く脅威だ。ただ、軍人が書いた本だけあって、いかにそれを防ぐのか、いかに戦争をなくすのかには触れていない。 …続きを読む
    keroppi
    2020年09月08日
    63人がナイス!しています
  • 湾岸戦争やアジア金融危機を指し、戦争が変わったとする。陸海空軍の戦いだけではなく、宇宙、金融、外交、インターネット、メディア等限界や境界を超えた戦いになるとし、アレクサンダーから二十世紀終盤までの戦争 湾岸戦争やアジア金融危機を指し、戦争が変わったとする。陸海空軍の戦いだけではなく、宇宙、金融、外交、インターネット、メディア等限界や境界を超えた戦いになるとし、アレクサンダーから二十世紀終盤までの戦争とは一線を画す。技術の大融合が起きている中、超限組み合わせ戦を基本とする。争いは国家だけに留まらず、超国家、多国家、非国家との戦いを想定する。 911を予言したと言われるが、GAFAの存在、第四次産業革命なども包含されているように思う。中国の一帯一路や国営企業経営、西欧のSDGsやオリンピックも戦いか。 …続きを読む
    Tai
    2020年04月18日
    13人がナイス!しています
  • 1999年に出版されたとのことだけど、正に21世紀は超限界戦の時代に入ったということなのだろう。であれば、現在の米中は戦争状態だと言える。「戦争は非戦争の領域で開始される」となると、我々もいつ非軍事の 1999年に出版されたとのことだけど、正に21世紀は超限界戦の時代に入ったということなのだろう。であれば、現在の米中は戦争状態だと言える。「戦争は非戦争の領域で開始される」となると、我々もいつ非軍事の「戦争」に巻き込まれるかわからない。他にも非国家的組織に警鐘を鳴らしていたり、マキャベリを引用していたりと内容は多岐に亘っている。中国でこのような本が出版され、各国で翻訳されたことは驚きだけど、兎にも角にも、日本人も「いつ何が起こるかわからない」と肝に銘じて日常生活を送る必要があるようだ。 …続きを読む
    2020年09月14日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品