入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041069134

関連作品有り

入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)

  • 著者 千野 隆司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041069134

直吉に濡れ衣の罠! そして、変わりゆく家族の形。波乱の新章、完結!

家族の形は変わりゆく。
大凶作、打壊し、さらに殺しの濡れ衣――苦難を乗り越え、絆を新たにした大黒屋の行く末は?


打壊しの危機を乗り越えた角次郎は、長く大黒屋を支える番頭の直吉に暖簾分けをゆるす。
互いへの恋心を抑えきれない善太郎とお稲は、次こそ最後の逢瀬と、ある場所へ足を向ける……。
そんな中、金貸しが何者かに殺され、金を奪われる事件が発生。
生き残った小僧の証言等から、直吉が捕らえられてしまった!
事件の裏に張り巡らされた罠をはね返し、直吉の潔白を証すべく、一同は力を合わせ奔走する。
急展開の新章、完結!

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やっぱり陰謀があったのか!!前作でそうではないかと思っていたけど、やっぱりな展開。今回は直吉がターゲットになってしまった。お由布も心配だっただろうねぇ。お波津、銀次郎コンビは今回も健在。お波津、危険な やっぱり陰謀があったのか!!前作でそうではないかと思っていたけど、やっぱりな展開。今回は直吉がターゲットになってしまった。お由布も心配だっただろうねぇ。お波津、銀次郎コンビは今回も健在。お波津、危険な目にあったのに気丈よねぇ。そして善太郎とお稲、新展開で自ら道を切り開くのか?世代交代で益々目が離せなくなってきそう。 …続きを読む
    はにこ
    2021年06月21日
    23人がナイス!しています
  • 文庫の新刊 凶作年の騒乱シリーズ最終巻で通算15巻目 一番番頭の直吉に暖簾分けの話が 内々だけの話だったのに 銀次郎が垂水屋にしゃべった 直吉に垂水屋から店の下見の誘いが でも垂水屋が同行できず 直吉 文庫の新刊 凶作年の騒乱シリーズ最終巻で通算15巻目 一番番頭の直吉に暖簾分けの話が 内々だけの話だったのに 銀次郎が垂水屋にしゃべった 直吉に垂水屋から店の下見の誘いが でも垂水屋が同行できず 直吉が一人で行ったのが運のつき 金貸しの田島屋が何者かに殺され 集金した78両も盗られた 現場には大黒屋がお得意に配った手拭いが 生き残った小僧の証言により 直吉がお縄にかけられた いや殺してなんかいないんだから 無実を晴らすため角次郎らが駆けずり回り 冤罪である証拠を握る えっ 善太郎とお稲に新展開が どうなる …続きを読む
    エイキチ
    2021年02月27日
    7人がナイス!しています
  • 2019年2月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算15作目。悪だくみをはねつけたところに拍手喝采。善太郎とお稲は、予想もしない展開で、驚いてしまいましたが、なるほど、ありうる展開ですね。次が楽しみです。 2019年2月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算15作目。悪だくみをはねつけたところに拍手喝采。善太郎とお稲は、予想もしない展開で、驚いてしまいましたが、なるほど、ありうる展開ですね。次が楽しみです。 …続きを読む
    ひさか
    2019年05月01日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品