入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(二)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041069127

入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(二)

  • 著者 千野 隆司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041069127

江戸にばらまかれた謎の読売と卑劣な罠……大黒屋を打壊しの危機が襲う!

見えぬ敵、卑劣な罠!
角次郎が家族一丸となり迎え撃つ。

姦計により奪われそうになった米の仕入れ先を、留め置くことに成功した角次郎。
安堵した矢先、凶作で上がり続ける米の値に、ついに近くの米問屋・湯浅屋で打壊し未遂と付け火騒動が起こった!
角次郎は行きがかり上、湯浅屋の米四百俵を預かることになる。
しかし時を同じくして、何者かが江戸の各所で大黒屋を“売り惜しみをする悪徳米問屋”と評する読売をばらまき始めた……。
見えざる敵に、角次郎は家族と共に立ち向かう!
人気シリーズ二ヶ月連続刊行、第二弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(二)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文庫の新刊 シリーズ2巻目 凶作でコメの値段は上がり続け 米問屋の蔵の中にコメがあると 値上がりを待っているかのように世間では思われる そんな折に同業の湯浅屋が打ち壊しに遭い 角次郎が破落戸をやっつけ 文庫の新刊 シリーズ2巻目 凶作でコメの値段は上がり続け 米問屋の蔵の中にコメがあると 値上がりを待っているかのように世間では思われる そんな折に同業の湯浅屋が打ち壊しに遭い 角次郎が破落戸をやっつけて防いたものの その後倉庫が付け火で半焼 大黒屋が湯浅屋の4百俵を4日間だけ預かることに 約束に日になっても湯浅屋は取りに来ない 読売が大黒屋を売り惜しみをする悪徳米問屋だと書き立て 一気に大黒屋への打ち壊しへと民衆が扇動されていく いや嵌められた 上州屋はそんなに大黒屋が憎いのか いや垂水屋も要注意か   …続きを読む
    エイキチ
    2021年02月24日
    8人がナイス!しています
  • 巧みに伏線がはってある。 打ち壊し部分の描写は圧巻。うまくまとめてます。 巧みに伏線がはってある。 打ち壊し部分の描写は圧巻。うまくまとめてます。
    ナツメッグ☆
    2018年11月13日
    5人がナイス!しています
  • 2018年10月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算14作目。7才のお咲きが同心の嶋津とともに面通しに通うところに感心してしまいました。賢くて、えらい子です。 2018年10月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算14作目。7才のお咲きが同心の嶋津とともに面通しに通うところに感心してしまいました。賢くて、えらい子です。
    ひさか
    2019年05月01日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品