戦争とおはぎとグリンピース 婦人の新聞投稿欄「紅皿」集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041068847

戦争とおはぎとグリンピース 婦人の新聞投稿欄「紅皿」集

  • 選 西日本新聞社
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041068847

マスコミでも大きく話題! 新聞の投稿欄に掲載された女たちの戦争と戦後!

昭和29年、高度経済成長の幕開けとされたその頃。未だ生活の中には戦争の記憶が生々しく残っていました。戦地から息子の無事の生還を祈り母が作り続けたおはぎ、満州から引き揚げの際、決して手離さなかった母の形見の鉄鍋。羊羹、ライスカレー、グリンピース。新聞の小さな投稿欄に登場する食べ物には家族のため必死で生き抜いた女性たちの戦争と戦後が浮かび上がります。強さと優しさが胸を突く42編の昭和の記憶です。

もくじ

目次

1954(昭和29)年
鳥目
夫の遺影に
模型飛行機
イースターの卵
女のいうもの
お手玉
平和への願い
1955(昭和30)年
帰国者
愛国心
入道雲
父の絵
教科書
1956(昭和31)年
私の計画
うちわ
酒と父
Fおばさん
タマゴのじいさん
やりくり
ヨウカン
クリスマス
墓標
初月給
わが家の茶わん
平和への悲願
甘酒
息子の食欲
派出婦日記
じゃがいも物語
十年目の新婚旅行
おはぎ
ミシン
ふたごのひい孫と孫
ライスカレー
祖父のヒゲソリ
”がめついヤツ”
こどもとわたし
ある農家の庭さきで
グリンピース
しあわせ
古いなべ
竹やりの先の出刃包丁
娘とともに

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「戦争とおはぎとグリンピース 婦人の新聞投稿欄「紅皿」集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表紙の女性たちの強い眼差しが印象的。1954年から62年、西日本新聞に寄せられた女性たちの投稿から。戦争が終わってまだ20年もたってない頃。暮らしの中にも記憶の中にも、戦争はくっきりと刻み込まれていて 表紙の女性たちの強い眼差しが印象的。1954年から62年、西日本新聞に寄せられた女性たちの投稿から。戦争が終わってまだ20年もたってない頃。暮らしの中にも記憶の中にも、戦争はくっきりと刻み込まれていて。空襲で逃げまどったり、身近な人を戦いで失ったり、多くの人がそんな経験を持っていた時代。平和への喜びと解放感が、強い不戦への想いが、再軍備への危機感が、こまやかに綴られる日常の情景の中に溢れている。あの頃確かに戦争は「今」と地続きだったんだ。遠ざかる昭和の貴重な記録。 …続きを読む
    rico
    2019年08月14日
    54人がナイス!しています
  • 敗戦から9年が経った昭和29年に始まった西日本新聞の女性投稿欄「紅皿」。誕生から10年間の間に寄せられた約3000もの投稿の中から、42編の文章が拾い上げられた。「教科書」の健気な子ども、正直に働く「 敗戦から9年が経った昭和29年に始まった西日本新聞の女性投稿欄「紅皿」。誕生から10年間の間に寄せられた約3000もの投稿の中から、42編の文章が拾い上げられた。「教科書」の健気な子ども、正直に働く「タマゴのじいさん」、「じゃがいも物語」や「ふたごのひい孫と孫」は小説を読んでいるような 気持ちになった。短い文章の中に時代を必死に生きた人々の人生がこめられていていた。女性達が心から願うのは平和な世界。その思いを忘れないようにしたいと思う。 …続きを読む
    pohcho
    2019年09月27日
    40人がナイス!しています
  • 西日本新聞が昭和30年頃に設けた投稿欄「紅皿」。戦争を経験された女性たちの投稿集です。さりげない日常の中で感じたことを書かれていますが、中には、ある人は母として、ある人は妻として、ある人は娘として、戦 西日本新聞が昭和30年頃に設けた投稿欄「紅皿」。戦争を経験された女性たちの投稿集です。さりげない日常の中で感じたことを書かれていますが、中には、ある人は母として、ある人は妻として、ある人は娘として、戦争によって大切な人を失った悲しみに溢れているものもありました。 …続きを読む
    keith
    2019年12月16日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品