角川文庫

行きたくない

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041067888
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

行きたくない

  • 著者 加藤 シゲアキ
  • 著者 阿川 せんり
  • 著者 渡辺 優
  • 著者 小嶋 陽太郎
  • 著者 奥田 亜希子
  • 著者 住野 よる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041067888

どうしても行きたくないときだって、ある。

「ひとりで行きなよ」「いやなの、ねぇ条介お願い、ついてきて」
高校生の僕は幼馴染のアンから、恋人と別れるところを見ていてほしいと頼まれる。
バイトを休んで渋々ながら彼女についていった僕が目にしたのは--。(『ポケット』加藤シゲアキ)
朝起きてぼうっと生きていたらいつの間にか時間が過ぎ去っている。仕事から帰宅すると、毎日違う知らない友達が家にいる。
そんなある日、一人の友達だけが何度も家に来ることに気がついて――。(『コンピレーション』住野よる)

誰に何を言われようと行きたくない場所もあれば、なんとなく気持ちがのらない朝だってある。
ふとしたきっかけでサボってしまうかもしれないし、人生を変えるような決意で回れ右をすることもあるかもしれない。
ひとはいつでも「行きたくない」気持ちを抱えている。
僕たちのそんな所在なさをそっと掬い上げる、刹那のきらめきを切り取った物語。


メディアミックス情報

NEWS

「行きたくない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • \行きたくない\をテーマにした作品集。どこへって会社とか学校とか。主人公たちはふわふわしてて所在なさげ。生き難いと感じている社会の中で自分の居場所を模索し続けているように見えた。加藤:最後に意表を突か \行きたくない\をテーマにした作品集。どこへって会社とか学校とか。主人公たちはふわふわしてて所在なさげ。生き難いと感じている社会の中で自分の居場所を模索し続けているように見えた。加藤:最後に意表を突かれた感じ。阿川:「好き」に上位下位は無いはずだけど今の時代はあるという風刺。渡辺:ロボットですら持ってしまう何か行きたくないんだよねという感情。小嶋:シャイセって言葉でもう話に入り込んだ。奥田:意欲が無いとダメと決めつける社会が苦しい。住野:変わらぬ日々に込めた昼行灯の表現が印象的。どの話も独特な味が残った。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年06月25日
    73人がナイス!しています
  • タイトル通り「行きたくない」アンソロジー☆それは学校だったり、会社だったり…「気分がのらない朝。ぜんぶ放り出したい瞬間」あるある!あ~明日、会社行きたくない~(^_^;) タイトル通り「行きたくない」アンソロジー☆それは学校だったり、会社だったり…「気分がのらない朝。ぜんぶ放り出したい瞬間」あるある!あ~明日、会社行きたくない~(^_^;)
    ピロ麻呂
    2019年06月16日
    40人がナイス!しています
  • 様々な観点から見た「いきたくない」の感情が詰まったアンソロジーでした。独特の作風を持つ作家多し。個人的には誰にだってある「好き嫌い」と向き合う阿川さんの作品と“シャイセ”と心の中で呼んでいた人物との予 様々な観点から見た「いきたくない」の感情が詰まったアンソロジーでした。独特の作風を持つ作家多し。個人的には誰にだってある「好き嫌い」と向き合う阿川さんの作品と“シャイセ”と心の中で呼んでいた人物との予想外の友情を描いた小嶋さんの作品が特に良かったです。また心に1番響いたのは住野さんの『コンピレーション』。学校とか職場とか人には必ず日々「行かなければならない」場所があり、世間はそこに「行きたくない」という感情を嫌うけど、時にはその感情に負けるという選択も必要かもしれないことをこの作品に教えてもらいました。 …続きを読む
    ami*15
    2019年07月17日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品