角川文庫

涼宮ハルヒの退屈

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041067727

角川文庫

涼宮ハルヒの退屈

  • 著者 谷川 流
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041067727

5ヶ月連続刊行第2弾! 大ヒットシリーズが角川文庫に登場!

涼宮ハルヒと出会ってから、意味不明な事件に巻き込まれ続けるSOS団。ハルヒが日常に退屈しないために、草野球チームの結成したり孤島での殺人事件に巻き込まれたりして……!? 解説:はやみねかおる


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「涼宮ハルヒの退屈」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集。後の作品に繋がる複線がもりもりらしい。単純に楽しいですが。 短編集。後の作品に繋がる複線がもりもりらしい。単純に楽しいですが。
    hnzwd
    2019年03月04日
    35人がナイス!しています
  • シリーズ三作目は、バラエティに富んだ短編集。ミステリ好きとしては「孤島症候群」を推したい所だが、SF作品として光っているのは「笹の葉ラプソディ」だろう。「消失」とも繋がっているとの事なので、益々続きを シリーズ三作目は、バラエティに富んだ短編集。ミステリ好きとしては「孤島症候群」を推したい所だが、SF作品として光っているのは「笹の葉ラプソディ」だろう。「消失」とも繋がっているとの事なので、益々続きを読むのが楽しみになってきた。 …続きを読む
    おうつき
    2019年04月23日
    13人がナイス!しています
  • 短編集。やはり、笹の葉ラプソディは素晴らしい。次巻以降は知らない展開なので楽しみです。 短編集。やはり、笹の葉ラプソディは素晴らしい。次巻以降は知らない展開なので楽しみです。
    ツバサ
    2019年03月04日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品