隠居すごろく

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月29日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041067550

隠居すごろく

  • 著者 西條 奈加
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月29日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041067550

情が絡むと、かくも人の世は面倒だ

『涅槃の雪』『まるまるの毬』『ごんたくれ』
時代小説の傑作を手掛けた著者が本領発揮!

人生の上がりだと思っていた隠居生活が、まさか「第二の双六」の始まりだったとは……
これぞ笑って胸に沁みる時代小説!

「いいなあこれ。私、すっかり気に入ってしまった。
(中略)この小説が素晴らしいのは、その理想の老後の風景の奥に、
いちばん大事なことを描いていることだ。」(「本の旅人」2019年4月号より)
                                    ――北上次郎氏

巣鴨で六代続く糸問屋の嶋屋。店主の徳兵衛は、三十三年の働きに終止符を打ち、還暦を機に隠居生活に入った。人生を双六にたとえれば、隠居は「上がり」のようなもの。だがそのはずが、孫の千代太が隠居家に訪れたことで、予想外に忙しい日々が始まった! 千代太が連れてくる数々の「厄介事」に、徳兵衛はてんてこまいの日々を送るが、思いのほか充実している自分を発見する……。果たして「第二の双六」の上がりとは?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「隠居すごろく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人生はすごろく。一枚目は家業の繁栄代替わりまで。もう一枚は隠居してから。これは隠居してからの話。商いの成功よりも自分の短い老い先の中でささやかな家族の姿に、何とも豊かな景色が広がる。そんな徳兵衛の気づ 人生はすごろく。一枚目は家業の繁栄代替わりまで。もう一枚は隠居してから。これは隠居してからの話。商いの成功よりも自分の短い老い先の中でささやかな家族の姿に、何とも豊かな景色が広がる。そんな徳兵衛の気づきを西條奈加さんが平成の終わりに教えてくれた。本当に人生は『上がり』のないすごろくなのだなぁと、この年になると感じる。自分一人で大きくなったわけじゃない。私の前にも後ろにも『道』はあるものね。この孫・千代太の様に私の縁続きの者(血縁とは限らない)がどんな道を歩くのだろうか。そんなことを思った。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年04月27日
    206人がナイス!しています
  • 癇癪持ちの隠居の第二の人生を孫の成長と共に描く、上手く行き過ぎかとも思いましたが、とても心地良い読後感です。 癇癪持ちの隠居の第二の人生を孫の成長と共に描く、上手く行き過ぎかとも思いましたが、とても心地良い読後感です。
    初美マリン
    2019年07月17日
    155人がナイス!しています
  • 江戸時代、ある問屋の主人が隠居したことから、その周囲で次々に事件が起こるっていう話。その中で当時の商いの機知が随所に見えて、とても面白かった。この作家さんの場合、最後の数ページで一気に事が好転するとい 江戸時代、ある問屋の主人が隠居したことから、その周囲で次々に事件が起こるっていう話。その中で当時の商いの機知が随所に見えて、とても面白かった。この作家さんの場合、最後の数ページで一気に事が好転するというのではなくて、物語の後半から話が徐々に好転していくのが何だかとても嬉しいというのか楽しいというのか読みやすいというのか、読者のツボをおさえ要点をよく掴んでいるような気がする。おかげて一気読みだった。以前に「無暁の鈴」を読んで、やはりこの作家さんの得意分野はこの辺りなのかなと思う。安心して読めた。面白かった。 …続きを読む
    とろとろ
    2019年07月24日
    150人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品