クラスメイツ〈前期〉

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041067475

クラスメイツ〈前期〉

  • 著者 森 絵都
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041067475

ひとりひとりが打ち明ける 24人の中学校生活。

中学校にはいろいろな生徒がいる。
自分を変えられるような部活を探す千鶴、
人気者になりたいのにキツいツッコミで女子を敵に回してしまう蒼太、
初めてできた親友と恋敵になるかもしれないと焦る里緒……。

小さなことで悩んだり、なんでもないことで笑ったりした、
かけがえのない一瞬のまぶしさがよみがえる。

北見第二中学校1年A組の1年間を
クラスメイツ24人の視点でリレーのようにつなぐ、青春連作短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「クラスメイツ〈前期〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2.0 12編のクラスメイトの話。特別大きな山がある話ではないけど、「あーあるある」的な内容。個人的には最後のタボの話は懐かしく感じました。 (後期)も楽しみです。 2.0 12編のクラスメイトの話。特別大きな山がある話ではないけど、「あーあるある」的な内容。個人的には最後のタボの話は懐かしく感じました。 (後期)も楽しみです。
    ★グラスハート★
    2020年05月15日
    79人がナイス!しています
  • 北見第二中学校一年A組、24人のクラスメイトのドラマがひとりずつリレーのように視点を変えて語られる。森絵都さんの小説を読むのは久々だったが、うまいなあと感服した。たとえば誰と隣の席になるか、初めて母親 北見第二中学校一年A組、24人のクラスメイトのドラマがひとりずつリレーのように視点を変えて語られる。森絵都さんの小説を読むのは久々だったが、うまいなあと感服した。たとえば誰と隣の席になるか、初めて母親のカットではなく美容室に行くこと、など、大人から見たら些細にも思えることが思春期の少年少女にとって一世一代の出来事であることが繊細に捉えられている。さらに凄いのは、それを24人分の視点で書き分けていることだ。同じ教室にいても、その子の立ち位置によって見えている景色は違う。構成も巧みで〈後期〉への期待が高まる。 …続きを読む
    ユメ
    2018年07月17日
    45人がナイス!しています
  • 中学1年生A組、24人全員を描く連作短編☆勉強ができる子、運動神経のいい子、人を笑わすのが得意な子、昆虫好きの子、登校拒否の子、不良になりかけの子などなどクラスには色んな生徒がいるわなぁ。そんな24人 中学1年生A組、24人全員を描く連作短編☆勉強ができる子、運動神経のいい子、人を笑わすのが得意な子、昆虫好きの子、登校拒否の子、不良になりかけの子などなどクラスには色んな生徒がいるわなぁ。そんな24人全員のキャラを作り出す森絵都さんはすごい!エロいことばかり考えてる子、給食大好きな子、には笑わせてもらいました(^o^) …続きを読む
    ピロ麻呂
    2018年06月21日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品