角川文庫

日本敵討ち集成

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041067451
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

日本敵討ち集成

  • 著者 長谷川 伸
  • 編者 伊東 昌輝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041067451

50年ぶり、幻の新作!

著者晩年の代表作『日本敵討ち異相』の元となった、著者が密かに書きためた未発表原稿から厳選。曾我兄弟、渡部数馬・荒木又右衛門、忠臣蔵など日本の敵討ちを描いた50年ぶりの奇跡の新作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本敵討ち集成」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長谷川伸の本を初めて読んだ。彼の小説・戯曲の背景に事実をきちんと把握しようとする姿勢があったのだと言うことがよくわかった。 長谷川伸の本を初めて読んだ。彼の小説・戯曲の背景に事実をきちんと把握しようとする姿勢があったのだと言うことがよくわかった。
    Masakazu Fujino
    2019年03月27日
    3人がナイス!しています
  • 長谷川伸の作品を読むのは初めて。これは小説ではなく、古い文献を渉猟し、古今東西の敵討ちを集めたもの。事実に正確であろうとする故に、人間関係が複雑で固有名詞が多く、決して読みやすいとは言えない。しかし、 長谷川伸の作品を読むのは初めて。これは小説ではなく、古い文献を渉猟し、古今東西の敵討ちを集めたもの。事実に正確であろうとする故に、人間関係が複雑で固有名詞が多く、決して読みやすいとは言えない。しかし、その欠点を補って余りある多様な仇討の顛末が取り上げられている。圧倒的に有名なのは赤穂浪士だが、長谷川伸の評価は「これは敵討ちというよりも○○○だ」というもの(あえて伏字にした)。言われてみれば、なるほどその通り。その他、仇を討つまでに何十年もかかった例や、武士ではない町民による仇討もあり、とても勉強になった。 …続きを読む
    うーちゃん
    2018年11月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品