試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784044003944

仏像 みる・みられる

  • 著者 多川 俊映
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784044003944

興福寺の貫首が伝授! 仏との新しい出会い方とは。

仏教の基礎から始まり、仏教はなぜ「かたち」を重視するのか、さまざまな「仏像のみかた」を易しく読み解く。仏像を見るということは仏像(仏眼)にみられることであり、「みられている」という感覚が「見守られている」という身体感覚に変われば、それが究極の仏との出会い方である。

仏像を「私がみる」だけで終わるのではありません。実はその一方で、必ず「その仏像にみられてもいる」のです。こうした「みる・みられる」という双方向の関係性に気づき、そして、そんな間柄を深めていけば、終には、その仏(像)に「見守られている」という身体感覚が養われていくでしょう。――「はしがき」より

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次
第一章 仏教と仏像
第二章 仏教のココロとカタチ――真実と方便
第三章 仏教美術としての仏像
第四章 仏像をみる
付録
 鎌倉期の法相教学の展開
仏頭 ――その宗教性吟味のための覚書

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品