ニュートンに消された男 ロバート・フック

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044003906

ニュートンに消された男 ロバート・フック

  • 著者 中島 秀人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044003906

抹殺されたもう一人の天才。 ニュートンが憎んだその業績と実像に迫る!!

抹殺されたもう一人の天才。
その業績と実像に迫る!!

「フックの法則」に細胞の「発見」。いまも教科書で誰もが名前を目にする科学者であり、17世紀に時代の寵児として活躍した男、フック。
しかし、彼の肖像画は一枚も残されていない。それは、死後にニュートンが彼を学界から消していったからだ。
なぜニュートンの論敵となったのか? 彼はどんな生涯を送り、どのような研究をしていたのか? 
抹殺されたもう一人の天才、その業績と実像に迫る!! 
大佛次郎賞を受賞した本格科学評伝。

もくじ

序 ワイト島への旅立ち
1 科学者フックの誕生
第1章 ワイト島からオクスフォードへ
第2章 科学者フックの誕生
第3章 王立協会とグレシャム・カレッジ

2 フックの科学的業績
第4章 ミクロの世界の探究
第5章 気体研究への取り組み
第6章 フックの日常生活
第7章 フックの法則
第8章 天文学者フック
第9章 一七世紀のレオナルド――技術改良家としてのフック

3 二人の巨人
第10章 ニュートンの登場――光学論争の始まり
第11章 巨人の肩に乗って――美しき和解?
第12章 落体の軌道についての論争
第13章 『プリンキピア』――決定的破裂
終章 ニュートンに消された男

あとがき――若き日の先端研に捧ぐ


索引


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ニュートンに消された男 ロバート・フック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 科学史の本としてこれは名著ではないでしょうか。17世紀の科学(当時は哲学の一種)をけん引した二人の関係を貴重な資料を基に綿密に考察されています。早熟で実験科学者のフックと晩成で理論科学者のニュートン。 科学史の本としてこれは名著ではないでしょうか。17世紀の科学(当時は哲学の一種)をけん引した二人の関係を貴重な資料を基に綿密に考察されています。早熟で実験科学者のフックと晩成で理論科学者のニュートン。この対照的な二人を語ることで現代の科学への認識にまで言及する著者を尊敬します。重力の逆二乗の法則ってニュートンの発見じゃなかったんですね。とにかくこの本はいろんな意味で面白いです。 …続きを読む
    to boy
    2019年01月07日
    25人がナイス!しています
  • 19-62】タイトル書い。早熟の科学者フックと晩成の学者ニュートン、同時代を生きた対照的な二人の天才。しかしフックが『フックの法則』や細胞の発見(物理と生物!)によって現代の教科書でも名前を目にする人 19-62】タイトル書い。早熟の科学者フックと晩成の学者ニュートン、同時代を生きた対照的な二人の天才。しかしフックが『フックの法則』や細胞の発見(物理と生物!)によって現代の教科書でも名前を目にする人物でありながら肖像画が一枚も残されていない事や、これまで目にしてきた様々な研究文献でフックが悉くニュートンを引き立てる悪役として語られる事が著者の興味を煽ったのが本書のきっかけだと。歴史に埋没した生い立ちや活躍に光を当てる中で、二人の天才の交流とそこからの決定的な断絶という影が色濃く浮かび上がる。 …続きを読む
    黒井
    2019年04月03日
    16人がナイス!しています
  • 知らないことがいろいろで面白かったけど、期待したほどではなかった。‘登場人物’にもうすこしイメージを持っていたら、より楽しかったかも。 知らないことがいろいろで面白かったけど、期待したほどではなかった。‘登場人物’にもうすこしイメージを持っていたら、より楽しかったかも。
    tsubasa
    2019年05月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品