誰が為にケモノは生きたいといった2 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年06月20日
商品形態:
電子書籍

誰が為にケモノは生きたいといった2

  • 著者 榊 一郎
  • イラスト ニリツ
発売日:
2018年06月20日
商品形態:
電子書籍

棄界の街での新たな出会い。そこで明らかになる真実にイオリたちは――!?

「タビタの胸を揉む」新たな街で棄界人の姉妹に出会ったイオリたち。タビタは姉妹に対抗心を燃やし、イオリに熱烈アプローチ!? そしてユーフェミアは、イオリの背負った罪の真相に、ある決意をするのだが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「誰が為にケモノは生きたいといった2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • イオリの背負った罪の真相を知ったユーフェミアが、ある決意を胸に抱くシリーズ第二弾。思ってたのとは違う展開だったが面白い。イオリとユーフェミア。今回メインで描かれるのは2人の因縁と、穢れや汚れを背負い必 イオリの背負った罪の真相を知ったユーフェミアが、ある決意を胸に抱くシリーズ第二弾。思ってたのとは違う展開だったが面白い。イオリとユーフェミア。今回メインで描かれるのは2人の因縁と、穢れや汚れを背負い必死にもがきながら生きる者達の姿だ。話の展開こそスピーディーだが、内容の方はガツンヘビー。このバランス加減流石はベテラン作家。次あたりで現世に戻って来れそうだけど、多分それだけじゃ終わらないんだろうな。出来ることなら戻ってからのアレコレも読みたいし、是非ともこの作品には長く続いて欲しい。 …続きを読む
    まりも
    2018年06月30日
    28人がナイス!しています
  • さて今巻は、アータートンの街に辿り着いたイオリ達だったが、そこでイオリにもユーフェミアにも深く関係があるケネス・ダグラスと思わぬ再開を果たすが…と言うお話です。今巻も面白かった…ですが、同時に何もハン さて今巻は、アータートンの街に辿り着いたイオリ達だったが、そこでイオリにもユーフェミアにも深く関係があるケネス・ダグラスと思わぬ再開を果たすが…と言うお話です。今巻も面白かった…ですが、同時に何もハンネを死なせなくとも…と、何とも救えぬ話だなと思いました。それくらい今巻におけるユーフェミアの行動はイオリ風に言えば「馬鹿」に尽きると言った感想ですが、今回の出来事によってユーフェミアに中にいるチヅルの存在がいい方向に作用して、今の所悪い方で目立っている生真面目さが改善されればいいなと思ってしまいました。→ …続きを読む
    まるぼろ
    2018年09月01日
    15人がナイス!しています
  • どうやら話のベクトルは生々しい人間模様に向かいようだ。 どうやら話のベクトルは生々しい人間模様に向かいようだ。
    た〜
    2018年06月24日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品