ドラゴンズ・ウィル 完全版

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784829177334

ドラゴンズ・ウィル 完全版

  • 著者 榊 一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784829177334

これが榊一郎の原点だ! 幻の短編を収録した完全版!!

ファンタジア文庫25周年を記念して、今読んでも色褪せない物語を復刊! 自称『勇者の代理人』の明るく元気な少女と、香茶を愛す菜食主義の風変わりな竜との心温まるロマンティック・ファンタジー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ドラゴンズ・ウィル 完全版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本編の方は文庫版を持っていたのでそちらで読んだ。短いなれど短編は後日談としてよく出来てるしラストの開かれた感じが良いので併せて読まれるべきでしょう。そういう意味で確かに完全版といえる一冊。 本編の方は文庫版を持っていたのでそちらで読んだ。短いなれど短編は後日談としてよく出来てるしラストの開かれた感じが良いので併せて読まれるべきでしょう。そういう意味で確かに完全版といえる一冊。
    海猫
    2013年10月02日
    4人がナイス!しています
  • 菜食主義でお茶好きの竜と、明るく元気な少女の話。面白かった。文章は少し荒削りな気もするが、登場人物の考えなどはしっかりと書いてあり、読みやすい。どこか演劇みたいな感じがした。そこそこ古い作品に言うのも 菜食主義でお茶好きの竜と、明るく元気な少女の話。面白かった。文章は少し荒削りな気もするが、登場人物の考えなどはしっかりと書いてあり、読みやすい。どこか演劇みたいな感じがした。そこそこ古い作品に言うのもなんだが、先が読めてしまうので「やっぱりそうなったか」となったのが残念ではある。序盤から中盤、中盤から終盤への展開はスムーズで、テーマというか意向がわかりやすいが、場面がころころ変わるのは勘弁。文句を一つ。値段が高いよ。 …続きを読む
    ひのえ
    2014年03月03日
    3人がナイス!しています
  • 完全版出たので、これを機会に再読。一部ではこれを榊一郎の最高傑作だという声もあるが、個人的には断じて否と言いたい。シーン運びにしろ演出にしろギャグにしろ、今の方がよっぽどうまくなってるよ。それに目を向 完全版出たので、これを機会に再読。一部ではこれを榊一郎の最高傑作だという声もあるが、個人的には断じて否と言いたい。シーン運びにしろ演出にしろギャグにしろ、今の方がよっぽどうまくなってるよ。それに目を向けないのは不幸だ。とはいえ、ほのぼの異種交流ものだと思っていたら中盤で突然思春期の話になる当たりの「転調」は今読んでもドキッとするものがある。これにやられて、14歳当時の俺は、しばらくエチカと同じ悩みを抱える羽目になってしまった。それから15年間、ずっとファンです。今までありがとう、これからもよろしく。 …続きを読む
    れーじ
    2013年09月18日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品